CFD投資

【2020年9月】EU離脱(ブレグジット)とFTSE100株価への影響は?

EU離脱 FTSE100 影響
投資初心者
投資初心者
FTSE100投資を検討中。でもEU離脱が心配、、、投資しても大丈夫なの?
投資家サト
投資家サト
イギリス経済は盤石です。投資はもちろん継続です!

資産運用でセミリタイアを目指すサトです。

今回はイギリス株に投資するうえで欠かせないテーマ。〈EU離脱(ブレグジット)でFTSE100は暴落するのか?〉を考察しました。

本記事の内容
  • EU離脱(ブレグジット)の基本知識を解説
  • EU離脱の最新情報をお知らせ。
  • 結論:EU離脱で株価暴落は起きない【3つの理由】

結論をいうと、EU離脱でも株価はそれほど落ちないと予想します。

記事の中でくわしく解説しますのでぜひ最後までじっくりご覧ください。

【無料】
口座開設はコチラ

※CFDはGMOクリック証券!

EU離脱(ブレグジット)ってなに?

投資初心者
投資初心者
そもそもEU離脱ってなんなの?
投資家サト
投資家サト
イギリスがEU(ヨーロッパ連合)から抜けることです。
EU離脱 FTSE100 影響

原因はイギリスへの移民増大。

2016年6月23日の国民投票でEU離脱の意思が示されました。

現在はEU連合とイギリスが離脱条件の交渉中。

【補足】EUとは「ヨーロッパ連合」のこと

投資初心者
投資初心者
ちなみにEUってなんのこと?
投資家サト
投資家サト
ヨーロッパ諸国をまとめて経済強化を図るための連合です!

EUができたのは1993年。

イギリス・ベルギー・ドイツ・フランスをはじめ28か国が加盟しています。

EU離脱 FTSE100 影響

EUができたことで、ヨーロッパは「人、モノ、資本、サービス」を自由に移動できるようになりました。

投資家サト
投資家サト
共通通貨(ユーロ)を作ったり、輸出入時の制限をなくすことで、経済強化してきたわけです。

FTSE100はEU発足以降で、「2800pt⇒7400ptと約2.5倍上昇」しています。

EU離脱 FTSE100 影響

結果だけ見ると、イギリス経済はEU連合の恩恵をしっかり受けて成長したといえるでしょう。

イギリスがEU離脱したい理由は?

EU離脱 FTSE100 影響
投資初心者
投資初心者
EU離脱の原因はなに?
投資家サト
投資家サト
ずばり労働移民の急増です!

原因は、イギリスへの労働移民が急増したこと。

  1. ヨーロッパ連合の拡大にともない移民が増大
  2. 英国民の不満が高まる
  3. EU離脱派が急速に増えた

2004~2015年の10年間で労働移民の数は100万人→300万人に増加!

投資家サト
投資家サト
日本でも外国人の公共マナーに不快を感じるコトもあるので、これだけ増えたら嫌がる気持ちもわかりますね(^_^;)

政策面でもイギリス国民の税負担、社会保障制度が悪化ので反発が大きいようです。

 

EU離脱(ブレグジット)FTSE100への影響は?長期的には右肩上がりと予想!

投資初心者
投資初心者
FTSE100に投資しても大丈夫なの?
投資家サト
投資家サト
問題ないです。理由を解説します。

以下の理由から、EU離脱でも下落は限定的だと判断しています。

  1. イギリスの主要産業は「金融サービス業」
  2. FTSE100はグローバル企業ばかり
  3. ポンド安で株価が上昇する

 

理由①:イギリス主要産業は「金融サービス業」

イギリス 主要産業最大の理由はイギリスのメイン産業が「金融サービス業」であること。

EU離脱でも金融サービス業にダメージがない理由
  • 金融サービス業の取引先はアメリカや中国。(ヨーロッパはむしろ赤字)
  • お金の取引はEU離脱後も変化しない。(もともと制約がない)

上記のとおり。

投資家サト
投資家サト
金融サービス業だと、痛い目を見るのはEU側との見方もあり、専門家の間でもEU離脱はそれほどダメージがないと考えているようです。

ドイツやフランスに対しては、イギリスの貿易収支は赤字になっている。このため、例えばドイツから見れば、イギリスは重要な市場だということになる。だから、ドイツやフランスはイギリスを手放したくない。つまり、貿易関係を緊密にしたいのは、イギリスというよりは、むしろヨーロッパ大陸諸国だと言うことができる。

なお、イギリスは、アメリカと中国に対しては、貿易黒字を計上している。したがって、イギリスが貿易関係をより緊密にしたいと考える相手国は、アメリカと中国であるはずだ。

引用:ダイヤモンドザイ

 

理由②:FTSE100構成銘柄はグローバル企業がメイン

FTSE100はアメリカや中国を相手にするグローバル企業がメイン。

つまりヨーロッパ圏内の利益は多少下がるでしょうが、経営に深刻なダメージは受けません。

仮に業績が悪化すると、優良企業と入れ替わるのでFTSE100が極端に低下することはないはずです。

インデックス投資 イメージ
投資家サト
投資家サト
FTSE100構成銘柄がすべて下落するのは、戦争やリーマンショックなどの世界的な経済危機レベルでしょうね(^_^;)

このリスク分散力がインデックス投資の魅力です。

理由②:ポンド安で株価が上昇する

次に、EU離脱でポンド安になるので、株価は上昇します。

自国通貨が安くなると株価は上昇します。

投資家サト
投資家サト
ニュースで円安により日経平均が上昇!って聞きません?まさにあれです。

事実、EU離脱が決まった2016年は、ポンドは対ドル-16%、FTSE100は年間14%上昇。

EU離脱 FTSE100 影響
EU離脱 FTSE100 影響

 

EU離脱を実行するときも、ポンド安→FTSE100上昇の動きがみられると予想します。

 

ということでEU離脱の影響を検討しましたが、結論としてイギリス株への投資は継続でOKです。

なお、ボクの実績・運用方法・始め方は関連記事をご覧ください。

関連記事:【損失あり】FTSE100で配当生活!実績・運用方法・メリット・デメリットをゼロから徹底解説!

EU離脱の見通し|イギリスとEU連合で離脱交渉中…。

投資初心者
投資初心者
EU離脱はいつ実行されるの?

2019年4月現在は、イギリス政府とEU連合の間で離脱交渉が行われている状況です。

EU離脱交渉 ブレグジット

イギリスの主張は「移民は自分たちで管理する。でも自由市場は維持したい!」

それに対してEUは「移民規制は許さない。やるならEUから出ていけ!」という姿勢で難航しています。

EUからすれば1つの国で自由を認めたら連合の意味がなくなってしまいますもんね。

EU離脱がいつ行われるかはまだわかりません。現在はイギリスが2019年6月30日までの延期申請を出しています・・・。

4月11日:EU臨時首脳会議でEU離脱を2019年10月31日まで延期することにEU側が合意!

投資家サト
投資家サト
ただし、イギリスが合意なき離脱をえらんだ場合は、6月にブレグジットが決行されるかも…。まだまだ注視する必要がありますね。

【更新情報】2019年6月7日:メイ首相、辞任

2019年5月24日にメイ首相が辞任…。

理由は「EU離脱を分裂をまとめるコトができなかったから」

史上2人目の女性首相で、責任感が強く期待が高かった方ですが、EU離脱は大きな難問だったようです。

投資家サト
投資家サト
メイ首相辞任表明による不安感からFTSE100は7300pt⇒7100ptまで下落…。ブレグジッドの行方は、次期首相に託されるコトに。

 

次期首相は果たして誰に?今後も注視しておきましょう。

【更新情報】2019年7月23日:ポリスジョンソン氏が新首相に…!

新首相はポリスジョンソン氏(前イギリス外相)。(サムネの髪型ヤバいですね。)

早速「ブレグジットを実現し、イギリスを一致させる」との発言があったようです。

投資家サト
投資家サト
実はイギリスのトランプ大統領と呼ばれており、米国との関係強化を図りつつ、EUとの交渉・和解的なブレグジッドの成立を期待したいところですね。

期限は2019年10月31日。どんな進展があるか注視しつつ、期待しましょう。

【更新情報】2019年10月29日:EU離脱日の延期が決定…。

合意なき離脱を回避する為に、EU離脱の再々延期が決まりました…。

EUは10月28日、離脱の3カ月延長を求めるイギリスの要請に同意。これで次の期限は1月31日ということになる。

引用:NEWSWEEK

 

イギリス政府とEUはEU離脱の条件についてほぼ合意に至っていましたが、イギリス議会がその内容を否決し続けており、なかなか進まないという状況です。

投資家サト
投資家サト
いうなれば、夫婦間で離婚することと、条件はほぼ確定したけど、親族が許してくれない、という感じ。

 

この状況を打破する為に、12月12日にイギリス総選挙を行うことになりました。

 

【更新情報】2019年12月12日:ボリスジョンソン首相率いる保守党が勝利!!

イギリス総選挙はEU離脱推進派の保守党圧勝で終わりました。

これで、EU離脱期限の2020年1月31日に向けて、大きく前進しましたね。

ジョンソン首相は、「やった、膠着(こうちゃく)を破った」と宣言。「議論の余地のない国民の決定」として「ブレグジットを実現する」と強調し、支持者の「信頼を裏切らない」と約束した。

引用:BBC

 

投資家サト
投資家サト
いよいよブレグジットも大詰め。もはや結果はどうであれ、結論が早く出た方が株価には好影響な気もしています…。

まとめ:EU離脱(ブレグジット)とFTSE100の影響は?

投資家サト
投資家サト
最後まで読んでいただきありがとうございます!

簡単におさらいしておきましょう。

本記事の内容
  • EU離脱は移民問題によるもの
  • 現在は離脱交渉中。
  • メイン産業からいって経済ダメージは限定的。
  • 結論:FTSE100は投資継続!

イギリスは有望な投資先であり、FTSE100は配当利回りも高く、50年以上右肩上がりのチャートと文句なし。

人口増加やGDP成長率から見ても、ハッキリいって日本の将来よりも断然明るいです。

関連記事:【FTSE100】今後の見通しは?過去の暴落から将来の値動きを徹底予想!

 

投資家サト
投資家サト
もしEU離脱が不安な方は、2020年1月31日のブレグジット決行後に投資するのもいいでしょう。

ただし、いつ決行されるかは見通し不透明なので投資準備(運用プランや口座開設など)は早めに済ませておくことをオススメします。

なお、証券口座は「GMOクリック証券」がオススメ。

手数料無料ですし、3万円~積立投資できます。

【無料】
口座開設はコチラ

※CFDはGMOクリック証券!

FTSE100で配当収入を作り、将来に備えましょう。

 

なお、ボクの運用実績・方法については関連記事をご覧ください。

関連記事:【損失あり】FTSE100で配当生活!実績・運用方法・メリット・デメリットをゼロから徹底解説!

]

投資家サト
投資家サト
資産運用に関するご質問・要望・コメントを募集中です!
管理人に質問する方はコチラ
  1. TwitterからDMで聞く
  2. 質問箱(匿名の質問にTwitterで答えます)
  3. LINEで聞く(新着記事のお知らせも届きます。)
    友だち追加
  4. 問い合わせをする
  5. コメント欄に書き込む(記事下にあります。)

以上

 

【株価暴落対策】CFD投資で資産を守ろう!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CFD投資ならGMOクリック証券!
CFD投資ならGMOクリック証券!