CFD証券会社おすすめ5選!

S&P500CFDと先物取引の違いを徹底解説!世界で選ばれているインデックス指数に投資!

投資初心者
投資をはじめようと思っているけど、S&P500CFDと先物取引ってどうちがうの?
投資家サト
カンタンに言うと最低証拠金額と期日の有無がちがうね。

投資商品を調べていくと、CFD取引と先物取引のちがいがわからないことがあります。

どちらもレバレッジをかけられ、売りから入ることができるため混同されがちです。

ですが、最低証拠金額やレバレッジ数、期日の有無でちがいがあります。

本記事の内容:

S&P500CFDと先物投資のちがいを知りたい方向け

  • 相違点を正しく知って、限られた資金を適切に配分できるようになる
  • 自分に向いているのがどちらかわかるようになる
  • 初心者でもわかりやすく解説

「そんなのちょっとの差でしょ?」と思っていると、資金を上手に使えず、投資チャンスを逃すかもしれません!

今回は資金を効率よく回していくためにも、S&P500CFDと先物取引のちがいを解説します。

投資初心者
資金を効率よく回す?投資は基本的に「お金を回している」んじゃないの?
投資家サト
そうなんだけど、高額の投資にガツンとつぎ込むのと、小さい投資を複数するのでは結果がちがうでしょ?商品を知ることは上手に投資できるようになってことなんだ。
目次

S&P500とはアメリカの代表的な指数

そもそものお話、投資でよく耳にするS&P500とはなんでしょうか?

これはアメリカの中でとくに時価総額が高く、流動性がある500銘柄で構成された株価指数です。

選出は、

  • ニューヨーク証券取引所
  • NYSE American
  • NASDAQ

に上場している銘柄からなされます。

日本のTOPIXも時価総額を指数化したものですが、こちらは東証一部上場の銘柄すべてが選出されているため、ちょっとちがいますね。

投資初心者
TOPIXとくらべるとよりS&P500の方が厳選されてるんだ。
投資家サト
そうだね。その分、時価総額が高い会社に影響されることがあるよ。

S&P500CFDとは?

S&P500を原資産とした金融商品で、差金決済取引という売買をします。

差金決済取引とは投資をするにあたって、投資金額全部を必要とはせず、

  • S&P500CFDを購入したときの価格
  • S&P500CFDを売却したときの価格

この2つの差額を売買する方法です。

さらに、FXのようにレバレッジがかけられるかため、より少ない資金で投資ができます。

なじみのない名前でむずかしそうに感じるかもしれませんが、値動きは原資産であるS&P500を反映しているため、FXなどよりリスクはずっと低いと見られていますよ。

投資家サト
原資産商品をそのまま保有していると思っていい。

ただし、レバレッジをかけているため追証(追加証拠金)を求められる可能性があります。

投資初心者
投資である以上、リスクはつきもの。

比較的安定しているS&P500、そしてロスカットがあるため、借金になる可能性は低いです。

先物取引とは?

先物取引とは、将来行う売買を現時点で価格と数量を決めておき、期日が到来したら決済する取引です。

価格はつねに変動しているため、決済日にどのくらいになっているかはわからないもの。

先物取引であらかじめ値段を決めておくことで、今後の変動リスクを回避できるメリットがあります。

ただし、決めた値段より上がっていれば差額分だけ得をしますが、逆に下がっていた場合は損失になりますので注意が必要です。

投資家サト
10万円で取引を決めた商品が15万円に上がり、そのまま売却すれば5万円の利益。逆に8万円だったら2万円の損失になる。

S&P500CFDと先物取引のちがいを比較

CFD取引と先物取引を比べてみました。

CFD取引

先物取引

決済期限なしあり
レバレッジ10倍20倍
追証ありあり
取引単位10100
コスト
  • スプレッド
  • 価格調整額
  • 権利調整額
  • 金利調整額
取引手数料
取引時間ほぼ24時間取引可能平日

  • 8時45分~15時15分
  • 16時30分~5時30分

投資初心者でも比較的やりやすいのはCFD取引です。

1つずつ見ていきましょう。

決済期限:CFD→期日なし 先物→期日あり

S&P500CFDには期限はありませんが、先物取引にはあらかじめ決められた期限があります。

先物取引はこの期日が到来すると強制的に決済が行われるのです。

先物取引を長期間保有したければ、期日が遠い商品を選ぶしかありません。

たいして、S&P500CFDには期日はなく、好きなタイミングで売却できます。

気を付ける点は、日にちをまたいでCFDを持ち続けるとオーバーナイト金利という手数料が発生することです。

業者によっては発生しないこともありますが、基本的には発生する金利のため、思ったより高い金額がかかることもあります。

CFD取引に期日はありませんが、長期間保有には手数料がかかることがあることを覚えておきましょう。

レバレッジ:CFD10倍、先物取引20倍

S&P500CFDのレバレッジはフルで10倍ほど、先物取引のレバレッジは20倍程度です。

投資初心者
レバレッジが高いほど資金が少なくてすむなら、先物取引の方がやりやすいのかな?

というのも、最低取引額がCFD取引の方がずっと少ないため、レバレッジに差あってもCFD取引の方が資金が少なく投資できます。

投資家サト
先物取引は最低50万円は必要だけど、CFD取引は2~3万円ほどから投資できるんだ。

追証:どちらにもある

追証はどちらにもあります。

追証とは追加証拠金の略称で、口座資金額よりも損失が大きいと足りないお金を入金するよう求められることです。

国内で投資をやるうえでもっとも気を付けなければならない存在……それが追証。

先物取引は期日到来で強制決済ですが、CFD取引には期日はなくてもロスカットはあります。

最悪の場合でもロスカットが正常に働けば借金は回避できますが、急な値下がりでロスカットされずに損失が拡大する可能性が……。

ロスカットの設定は慎重にしましょう。

取引単位:CFDは小単位からできる

次に取引単位ですが、CDF取引は指数×10倍から取引ができるのにたいして、先物取引は100倍~です。

単位が増えれば資金も必要で、先物取引はレバレッジをかけても最低50万円以上のお金がかかります。

投資初心者
先物取引は資金と生活に余裕がないとむずかしそう。

CFD取引なら2~3万円から投資ができます。

銘柄も豊富なので分散投資にしてもCFDの方が向いているでしょう。

コスト:先物取引の方が安い

CFD取引はスプレッドとオーバーナイト手数料がかかり、先物取引は取引手数料ぐらいです。

先物取引は保有期間内でかかるような手数料はなく、コスト面では先物取引の方が安いと言えるでしょう。

取引形態:CFDは流動性がいい

取引形態ですが、CFD取引は業者が決めた価格で取引を行い、先物取引は投資家と投資家がやり取りをして決定します。

CFD取引は基本的にレートで売買され、好きなときに買えて売れるのがメリットです。

先物取引は投資家同士で売買がされるため、売りたいときに売れず流動性が悪く感じるときがあります。

取引時間:CFDは好きなときに取引できる

先物取引は取引時間が決められていて、やろうとしたときにできない可能性があります。

  • 8時45分~15時15分
  • 16時30分~5時30分

このように1日のうち数時間は取引できないようになってるのです。

投資家サト
会社勤めだと思ったように取引できなこともあるよ。

CFD取引はほぼ24時間取引ができるので、あまり取引時間を気にすることはありません。

S&P500CFDがいい?先物取引がいい?投資スタイルで考えよう

自分にとってどちらの投資が向いているかは、資金と抱えられるリスクで考えましょう。

S&P500CFDが向いている人

  • 少ない資金で投資をしたい
  • 期日を決めずに自分の好きなタイミングで売却したい
  • オーバーナイト金利が多少かかっても長期間保有も考えている
  • 24時間取引したい

先物投資が向いている人

  • 100万円以上のまとまった資金を用意している
  • 期日以上の長期保有は考えていない
  • よけいなコストはかけたくない

どちらかというと、取引単位が小さいCFD取引の方がおすすめです。

資金に余裕があるなら先物投資でガツンと投資するのもいいですが、その分のお金を他の金融商品にかけて分散するのも安全。

CFD取引でおすすめの会社2選

ずばり、GMOクリック証券とGI証券がおすすめです。

1社ずつ見ていきましょう。

GMOクリック証券

CFD取引で一番おすすめなのはGMOクリック証券です。

GMインターネットグループの証券会社で、同じネット証券の中では中堅的立場にある会社。

様々な金融商品がある中でもとくに力をそそいでいるのがCFD取引です。

なんと国内シェアNo.1!!

銘柄は豊富で手数料は安く、S&P500指数CFDは指数と乖離が少ないため多くの投資家から支持されています。

CFD以外にも先物取引、投資信託、FXと揃っており、今後の投資スタイルの模索やリスクヘッジにも使える証券会社です。

多くのネット証券会社は金融商品ごとにIDやパスワードが設けられ、サイトにアクセスするつどログインをして面倒。

GMOクリック証券はインターネット事業に精通した会社が運営しているため、1回のログインですべての取引が行えるよう設計されています。

画像出典:GMOクリック証券

投資家サト
たったそんなことと思うことなかれ!投資チャンスを逃さずスムーズに取引ができるんだ!

しかも、GMOクリック証券は日をまたいでCFDを保有するとかかるオーバーナイト金利がかかりません!

画像出典:GMOクリック証券

GMOクリック証券なら、CFDを長期保有しても気にならないんです!

詳しくはこちらをご覧ください!

https://stock-index.life-health-asset.com/gmo-hyouka/


\無料ではじめる!/

GMOクリック証券
無料登録はこちら

※5分で口座開設完了!
>>GMOクリック証券 公式サイトはこちら (https://www.click-sec.com/)
 

IG証券

IG証券はイギリス・ロンドンに本拠地をかまえているIGグループの子会社です。

世界15か国でサービスを展開する総合金融業者として知られています。

目を見張るのはCFD銘柄の多さで、その数なんと1万6000銘柄!!

ただ取引ツールが少しむずかしく、初心者には使いづらいかもしれません。

そして手数料的にGMOクリック証券よりも割高……。

加えて、IG証券は口座開設後、6か月以上取引がないと550円(税込み)の手数料がかかります。

お試しで口座を開設するなら、まずはGMOクリック証券で作り、CFD投資に慣れてきたら満を持してIG証券を開設することがおすすめです。

画像出典:IG証券

IG証券について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

https://stock-index.life-health-asset.com/knockout-seiseki/


\1.5万円キャッシュバック/

IG証券
無料登録はこちら

※期間限定キャンペーン中!
>>IG証券 公式サイトはこちら (https://www.ig.com/) 

まとめ:S&P500 CFDと先物の違い

S&P500CFDと先物取引のちがいを解説しました。

まとめてみましょう。

レバレッジはどちらもかけられるものの、

  • S&P500CFD:レバレッジ10倍
  • 先物取引:レバレッジ20倍

2倍の差があります。

しかし、最低証拠金額は、

  • S&P500CFD:2~3万円
  • 先物取引:50万円以上

差は歴然です。

期日については、

  • S&P500CFD:期日なし
  • 先物取引:期日あり

ただし、CFD取引はオーバーナイト金利がかかる可能性があります(GMOクリック証券ならかかりません!)

投資初心者はまずGMOクリック証券でCFD取引をはじめてみて、資金ができたら先物投資をやってみるのがいいでしょう。

投資初心者
ムリのない範囲で投資をしてお金を増やしていきましょう!
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる