CFD証券会社おすすめ5選!

【FTSE100】今後の見通しは?過去の暴落から将来の値動きを徹底予想!

FTSE100 今後 見通し

投資初心者
FTSE100って今後も上昇していくの?

投資家サト
長期的に右肩上がりだと判断しています!理由を解説します。 

今回はFTSE100の今後の見通しについて解説していきます。

本記事の内容

対象:FTSE100今後の見通しを知りたいヒト

  • イギリスってどんな国?
  • FTSE100長期チャートを分析
  • 結論:短期的には注意!長期的には成長が期待できる!

ぼくはFTSE100の株価指数CFD取引を実践していて、年利10%で運用しています。

FTSE100は50年以上右肩上がりで値上がり期待+高配当というコトで人気の資産運用です。

FTSE100 チャート

ただ、ぼくは不安症なので「FTSE100良いらしいよ!」という理由では決めれない性格…。

そのため投資を決定する前に…

「FTSE100が将来的に長期にわたって魅力的な投資先と言えるのか?」

という観点で徹底的に調査しました!

ぼくの結論としては、

[cat_fusen01 title=”ここがポイント!”]

FTSE100は短期的に下落の可能性はあるが、長期的には信頼して投資できる[/cat_fusen01]

です!

FTSE100の配当投資を検討中の人は必須の知識が盛り沢山なので、ぜひ最後までじっくりご覧ください。

目次

FTSE100今後の見通し|イギリスってどんな国?

イギリス 今後 見通し

まずはイギリスという国の将来を考える上で必要な以下の情報を調べてみました。

[cat_fusen01 title=”調査項目!

  1. 人口の推移
  2. 出生率
  3. GDP(国内総生産)
  4. メイン産業[/cat_fusen01]

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①:人口の推移

まずは人口について。

  • 人口:6600万人
  • 世界第21位

注目したいのが増加率です。

投資家サト
驚くべきことに毎年40万人ずつ増えています!

▼イギリス人口の推移グラフ

FTSE100 今後 見通し

投資初心者
人口が増えると何がいいの?
投資家サト
人口が増えつづける=国の生産量(GDP)があがるので、更なる経済成長が見込めますね。

ただし、これはEU離脱の原因になった移民の受け入れによるもの。

ブレグジット後もずっと人口増加が続くかは不透明なところもあります…。

が、少なくとも人口減少がつづいている日本より成長が期待できるのは間違いありません。

③:出生率

つづいて出生率を調べてみました。

  • 1.8人(2018年実績)
  • 日本は1.4人…。

日本と比べてはるかに出生率が高いですね。

この出生率の高さには次のことが関係しているといわれています。

出生率が高い理由!
  • 移民が子供を産む年齢になった。
  • 子育て向けのインフラが整っている。

移民による人口増加に加えて、子育て環境が整っており、今後も出生率は上がっていくでしょう。

投資初心者
子育てに関しては日本が見習う点がたくさんありそうだね…。

当然ながら

子供が増える=人口が増える=GDPが増加

となり今後も経済規模が成長していくと予想できます。

③:GDP(国民総生産)

次に重要な経済指標であるGDPです。

[cat_fusen01 title=”イギリスのGDP!”]
  • 2.828兆ドル(2018年実績)
  • 世界第5位![/cat_fusen01]

グラフでみるとわかりやすいですが伸び率がハンパないですね。

▼イギリスGDP推移
イギリス GDP 推移

人口が増えつづけているので、これからも毎年成長していくと判断しています。

ちなみに日本は現在3位ではありますが、人口減少・出生率の低下、少子高齢化とネガティブポイントばかり…。

▼GDPランキング

イギリス GDP ランキング

投資家サト
日本国民としては悲しい事実ですが、いずれ日本はイギリスに抜かれるのは間違いないでしょう。

④:メイン産業

あまり知られていませんが、イギリスは金融・不動産・情報通信などの高度サービス業といわれる分野が強いです。

▼イギリスGDP構成イギリス 主要産業

特にロンドンは世界最大の金融センターと呼ばれるほど金融サービスは群を抜いてます。

2016年から話題になっているEU離脱ですが、実は金融サービス業にはそこまで大きな経済ダメージはないとする専門家の意見もあります。

理由は次の3つです。

EU離脱でも経済ダメージが少ない理由
  • イギリスは金融サービス業がメイン産業
  • 金融サービス業で利益を出している取引先はアメリカや中国。(ヨーロッパはむしろ赤字…。)
  • お金の取引はEU離脱後も制約を受けない。

つまり

[cat_fusen01 title=”ここがポイント!”]

イギリスは自国サービスを海外に輸出して利益を出す国。=経済基盤が頑丈で安定している。[/cat_fusen01]

と判断できますね。

(少なくとも日本のように物品を輸入して、モノを作って海外に売るといった製造業をメインでやる国ではないようです。)

投資家サト
改めてまとめてみると、イギリスは投資対象としてホントに魅力的な国ですね! 

尚、ぼくのFTSE100投資戦略は>>>FTSE100で配当生活を目指す!運用方法・メリット・デメリットをゼロから徹底解説!に分かりやすく解説しています。興味を持たれた方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
FTSE100配当生活!3万円から始める失敗しないCFD投資【配当利回り10%超えの実績公開】
FTSE100配当生活!3万円から始める失敗しないCFD投資【配当利回り10%超えの実績公開】この記事ではFTSE100配当投資について解説します。本記事の内容: FTSE100運用実績 配当生活を目指す方法を解説 メリット・デメリット・比較 よくある質問【疑問を...

FTSE100今後の見通しまとめ

今後の見通しをまとめました。

過去20年の最高値/最安値

イギリスという国について学んだところで、もう少し踏み込んでFTSE100のこれまでの値動きを解説します。

まず過去20年の最高値/最安値から行きましょう。

▼過去20年の最高値/最安値

項目FTSE
100
年月日
最高値7903pt2018年
5月
最安値3277pt2003年
3月

▼FTSE100チャート

FTSE100 最安値

過去20年の最安値はITバブル崩壊のあと、世界的に不景気が続いて2003年につけた3277pt…。

最高値は2018年5月はリーマンショック後の景気回復による世界的な経済拡大に伴って7903ptを記録しています。

投資家サト
イギリス株に投資をするなら、この最高値/最安値を意識しておきましょう。

2000年以降の長期チャートから暴落の歴史を確認!

投資初心者
FTSE100ってこれまでどんな値動きだったの?
投資家サト
何度か暴落も経験していますね。

ここからは2000年以降の長期チャートより、FTSE100の傾向を確認していきます。

結論からいうと、FTSE100には次の傾向があります。

[cat_fusen01 title=”FTSE100の傾向!”]
  • 世界的な金融危機で下落する。
  • ただし、EU離脱などイギリス単独の経済不安には強い。[/cat_fusen01]

下のFTSE100チャートに過去の重要なイベントをマーキングしました。

FTSE100 過去 暴落

FTSE100イベント
  1. 2000年ITバブル崩壊
  2. 2008年リーマンショック
  3. 2015年チャイナショック
  4. 2016年EU離脱決定

上記の暴落について要点を絞って簡単にまとめていきます。

①:2000年ITバブル崩壊【過去20年最安値記録!】

▼2000年ITバブル崩壊データ

  • 暴落前の高値:6739pt
  • 暴落後の安値:3277pt
    【過去20年最安値!!】
  • 下落幅:約3500pt
[cat_fusen01 title=”ITバブルとは?”]

アメリカの実態のないインターネット関連企業に投資が集中して高騰した後に、短期間で急落した事象。その後、世界的に不況が発生…。[/cat_fusen01]

 

[cat_box01 title=”ITバブル要点!”]
  • 2000年のITバブル崩壊でFTSE100も下落した
  • 過去20年の最安値3277ptを記録(同時多発テロなどを受けて世界的不況が加速…。)
[/cat_box01]

②:2008年リーマンショック

  • 暴落前の高値:6200pt
  • 暴落後の安値:3550pt
  • 下落幅:約2500pt(約50%)
[cat_fusen01 title=”リーマンショックとは?”]

2008年9月に、アメリカのリーマン・ブラザーズが経営破綻して世界的な金融危機が発生した事象のこと。[/cat_fusen01] [cat_box01 title=”リーマンショック要点!”]

  • 2005年以降の最安値3460ptを記録
  • リーマンショック発生から半年かけて最安値到達。[/cat_box01]

ちなみにぼくはリーマンショックを基準にレバレッジを設定しています。

FTSE100配当投資におけるレバレッジの考え方は関連記事を見てくださいね。

関連記事:FTSE100(イギリス100)積立はいくらから?暴落に強いプランをつくる!

投資んライブ
FTSE100(イギリス100)積立はいくらから?暴落に強いプランをつくる!【レバレッジ別に検証】 | 投資んライ...
FTSE100(イギリス100)積立はいくらから?暴落に強いプランをつくる!【レバレッジ別に検証】 | 投資んライ...投資初心者FTSE100はどうやって積立てたらいいの?? 投資家サト安全運用で1枚あたり3万円という感じですね!積立プランの作り方を解説します! 今回はFTSE100の暴落に強い...

③:2015年チャイナショック

  • 暴落前の高値:7122pt
  • 暴落後の安値:5499pt
  • 下落幅:約1600pt(約20%)
[cat_fusen01 title=”チャイナショックとは?”]

2015年8月に起きた中国株の大暴落のこと。世界的な株安を引き起こした。[/cat_fusen01] [cat_box01 title=”チャイナショック要点!”]

  • 2010年以降で見るともっとも大きな下落。
  • 少しリスクを取る場合はチャイナショック想定の運用も有[/cat_box01]

④2016年~EU離脱

  • EU離脱決定前:6380pt
  • EU離脱決定後:5788pt
  • 下落幅:約600pt
[cat_fusen01 title=”EU離脱とは?”]

2016年6月23日の国民投票でEU離脱が決定。原因は増えすぎた移民の受け入れ拒否によるもの。[/cat_fusen01]

 

EU離脱交渉 ブレグジット

  • 国民投票の翌日に一時的に600pt程度下落しすぐに回復
  • そのあと2018年5月に7903pt【史上最高値】を記録
  • EU離脱決定では大きな下落は発生していない。
あわせて読みたい
【2020年9月】EU離脱(ブレグジット)とFTSE100株価への影響は?
【2020年9月】EU離脱(ブレグジット)とFTSE100株価への影響は?資産運用でセミリタイアを目指すサトです。Follow @SATO80304694今回はイギリス株に投資するうえで欠かせないテーマ。〈EU離脱(ブレグジット)でFTSE100は暴落するのか?...

FTSE100長期チャート分析まとめ

ここまでの内容をまとめます。

▼FTSE100値動きの歴史(過去20年分)

FTSE100 過去 暴落

  • 最高値:7903pt【2018年5月】
  • 最安値:3277pt【2003年3月】
イベント下落幅発生
年月日
①ITバブル崩壊3500pt2000.8
②リーマンショック2500pt2008.9
③チャイナショック1600pt2015.8
④EU離脱600pt2018.6

ということで冒頭の結論に戻りますが、FTSE100の傾向は次のように判断できます。

  • 世界的な金融危機で下落する。
  • EU離脱などイギリス単体の経済不安ではそれほど下落しない
投資家サト
さらに!ポジティブな見方をするとこう捉えることもできます。
  • 過去20年ではイギリス発端で下落したことはない
  • イギリス経済自体は非常に安定して成長を続けている。

FTSE100投資にはGMOクリック証券がおすすめ!

投資初心者
FTSE100の株価指数CFDはどこで買えるの?
投資家サト
GMOクリック証券がオススメです!

FTSE100の店頭CFDをするなら「GMOクリック証券」一択です。

  • 手数料無料・コストが安い
  • 株価指数CFD国内№1シェア!
  • 取引ツールが秀逸!

これまではくりっく株365が優秀でしたが、改悪された為、FTSE100に長期投資したい人はGMOクリック証券が必須…!

登録無料、店頭CFDでFTSE100積立投資を始めましょう!


\無料ではじめる!/

GMOクリック証券
無料登録はこちら

※5分で口座開設完了!
>>GMOクリック証券 公式サイトはこちら (https://www.click-sec.com/)
 

 

※ちなみに店頭CFDを行っている証券会社は次の4社。

  • GMOクリック証券(FTSE100あり)
  • サクソバンク証券(FTSE100あり)
  • DMM.com証券(FTSE100なし)
  • IG証券(FTSE100あり)

GMOクリック証券はこの中で、株価指数CFD取引高80%で国内№1のシェアです!

GMOクリック証券についてはGMOクリック証券【店頭CFD最強】|評判・メリット・デメリット!をご覧いただくと理解が深まります。ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【評判】GMOクリック証券のメリット・デメリット完全ガイド!店頭CFD最強の実力は…?
【評判】GMOクリック証券のメリット・デメリット完全ガイド!店頭CFD最強の実力は…?投資には興味があるけど、取引のやり方がわからない。GMOクリック証券のCFD取引が稼げると聞いたけど、本当に大丈夫なのか心配。投資をしたことがない人の中には、この...

まとめ:FTSE100今後の見通し。短期的には下落、長期的には上昇が期待できる指数!

今回はFTSE100の今後の見通しついて解説しました。

結論として、

短期的な下落は注意する必要があるが、長期的には信頼できる投資先!

と判断しています。

本記事で解説したようにイギリスはまだまだ経済成長していく国。

さらに株価指数CFDのFTSE100は配当利回り10%も可能!

イギリス株への長期投資は時間を味方につけることで、リスクを減らして大きなリターンを得ることができます。

FTSE100に限らず投資全般は早く始めた分だけ安全にお金を増やせます。

株価指数CFDならGMOクリック証券でOKです。


\無料ではじめる!/

GMOクリック証券
無料登録はこちら

※5分で口座開設完了!
>>GMOクリック証券 公式サイトはこちら (https://www.click-sec.com/)
 

\マンガの続きを読む/

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる