CFD投資

GMOクリック証券でFTSE100積立はいくらから?レバレッジ別に検証!

GMOクリック証券 FTSE100 いくら

資産運用でセミリタイアを目指すサトです。

投資初心者
投資初心者
GMOクリック証券でFTSE100の積立投資はいくらから出来るの?
投資家サト
投資家サト
安全運用で3万円~積立可能です!

今回はGMOクリック証券(店頭CFD)でFTSE100を積立投資する場合の必要資金について解説します。

本記事の内容

対象:GMOクリック証券でFTSE100投資を検討中の方

  • GMOクリック証券におけるFTSE100積立の必要資金を解説!
  • 推奨レバレッジは2.7倍!

くりっく株365の改悪に伴い、長期積立が可能なGMOクリック証券(店頭CFD)に変更を検討される方が多いです。

くりっく株365から変更するときに気になるのが

「GMOクリック証券でFTSE100を積み立てる場合は、いくら必要なのか?」

という点。

結論からいうと、

GMOクリック証券は安全運用で3万円~積立可能

本記事をご覧頂くと必要資金の考え方がバッチリ理解できます!

ぜひ最後までじっくりご覧ください。

GMOクリック証券(店頭CFD)でFTSE100積立投資はいくらから可能か?

GMOクリック証券(店頭CFD)でFTSE100を1枚購入するのに必要なお金をレバレッジ別に整理しました。

結論は冒頭いったとおり、安全運用で3万円~積立できます

シミュレーション条件
  • FTSE100:7200pt
  • ポンド円レート:140円

▼建玉1枚当たりの必要資金

レバレッジ 必要なお金
1倍 10.08万円
2倍 5.04万円
3倍 3.36万円
5倍 2.02万円
10倍
(フルレバ)
1.00万円

 

投資家サト
投資家サト
レバ10倍で投資すると即ロスカットなので、現実的には2倍~3倍あたりが推奨です。

つまりFTSE100積立は3~5万円でスタートできると理解すればOKです。

一方、くりっく株365でレバ3倍だと必要資金は約24万円必要でした…。

▼くりっく株365とGMOクリック証券の比較(レバレッジ3倍)

種類 レバレッジ3倍
必要資金
くりっく株
365
24万円
GMOクリック証券
(店頭CFD)
3.36万円
投資家サト
投資家サト
つまりGMOクリック証券だとくりっく株365の約1/10の資金からFTSE100積立ができるということです!

少額から始められるので、投資資金が少ない方でも積立しやすいのは、かなり魅力的ですね。

 

つづいてレバレッジの決め方について解説していきます。

GMOクリック証券でFTSE100投資|推奨レバレッジは2.7倍!

投資初心者
投資初心者
レバレッジはどう決めたらいいの?
投資家サト
投資家サト
FTSE100の想定下落幅から決めましょう!推奨はレバ2.7倍

レバレッジは2.7倍がオススメです。(リーマンショック級の下落に耐えられる設定)

レバレッジはロスカットを避けるために

「FTSE100がいくら下落するかを想定して決めるのが基本」

 

過去10年間で最も大きな下落は2008年のリーマンショックなので、ボクはここを基準に考えます。

下のチャートをご覧ください

▼FTSE100チャート

GMOクリック証券 FTSE100 いくら

リーマンショック発生から半年かけて2650pt下落していますね。

このことから、2650ptの下落に耐えれるレバレッジを設定すればOKと判断できます。

投資家サト
投資家サト
ただし!ボクは少しリスクを取って下落想定を2000ptとしてます。
投資初心者
投資初心者
え?それって危ないんじゃないの?
投資家サト
投資家サト
半年かけて2500pt落ちてますよね。つまり下落トレンドに入ってから追加資金で対応すれば良いと考えています!

リーマンショックが発生して、いきなり2650pt下落するわけではありません。

なのでボクは資金効率をあげるために2000pt下落を想定します。

尚、この下落幅=投資の許容リスクなので各自の目的に合わせて設定しましょう。

ボクはセミリタイアを目標にしてるので、ある程度リスクを取って運用するスタイル。

しかし、超安全に運用したい!という方は、レバレッジを抑えるべきです。

FTSE100の下落幅に対する必要資金・レバレッジについて、下表にまとめたので参考にしてください。

シミュレーション条件
  • FTSE100:7200pt
  • ポンド円レート:140円

▼FTSE100の想定下落幅に基づくレバレッジ整理

FTSE100
許容下落幅
必要資金 レバ
レッジ
想定
イベント
1000pt 2.4万円 4.2倍 EU離脱
1500pt 3.1万円 3.2倍
2000pt 3.8万円 2.7倍 リーマン
ショック


2650pt 4.8万円 2.1倍
3000pt 5.2万円 1.9倍 ITバブル

 

まとめると、レバレッジの決め方としては…

レバレッジの決め方!

【リーマンショックに耐える運用】

  • 1倍~3倍

【EU離脱に耐える運用】

  • 3倍~4倍

✔サトの推奨は2.7倍

自分が納得して投資できるレバレッジで設定しましょう。

投資家サト
投資家サト
繰り返しますが、ボクの推奨は2000pt下落=2.7倍です!

GMOクリック証券はロスカットレートを決めれば必要資金を自動算出してくれる=細かい必証拠金計算は覚える必要なし!

なお、GMOクリック証券では

「ロスカットレートだけ決めれば、必要なお金を計算してくれます。」

そのため必要証拠金の計算を理解する必要はありません。

下の画像をご覧ください。

▼ロスカットレート設定例

まず建玉のロスカットレート変更画面で、ロスカットレートを入力します。

GMOクリック証券 店頭CFD

そうすると任意証拠金=ロスカットレートを下げる為に必要なお金が自動計算されるんです!

投資初心者
投資初心者
この機能、めちゃめちゃ便利そうだね!
投資家サト
投資家サト
はっきりいって最高です!

仮に自分で必要なお金を算出する場合は下のような感じです。

シミュレーション条件
  • FTSE100:7220pt
  • ポンド円レート:140円
  • ロスカットレート5800pt

FTSE100が7200ptでロスカットレートを5200ptにしたい場合を考えます。

その場合の必要資金の計算としては…

必要資金の計算

1420(下落想定幅)×140(ポンド円)×0.1+10,080(必要証拠金)
=2.9万円
(建玉1枚に必要なお金)

という形で毎回計算しなければいけません。

さらに厄介なのが、その時点のFTSE100とポンド円レートによって、常に必要なお金は変動してしまうんです…。

 

つまりこの自動計算機能があれば…

ここがポイント!

GMOクリック証券ではロスカットするラインさえ決めれば自動で必要資金が分かる!
=投資初心者でも安心してリスク管理ができる!

ということです。

【無料】口座開設はコチラ

※リスク管理ができない人にはオススメしません、、が、それさえできればほぼ負けません。

CFD取引口座も一緒に申し込むは必ずチェックを入れてください。
(たまに忘れてる方いてご質問いただきますが、再申請の手間が生じます…。)

GMOクリック証券(店頭CFD)FTSE100積立投資|レバレッジ別に配当利回りを確認!

投資初心者
投資初心者
配当利回りはどのくらいあるの?
投資家サト
投資家サト
年利7.4%~11%(2018年実績)は期待できます!

最後にレバレッジ別にどのくらい配当利回りが見込めるかを解説しておきます。

分かりやすく一覧表で整理してみました。

シミュレーション条件
  • FTSE100:7200pt
  • ポンド円レート:140円
  • 配当:年3700円(2018年実績)

▼レバレッジ別利回り一覧

レバレッジ 必要
資金
年間
配当
配当
利回り
1倍 10.08万円 3700円 3.6%
2倍 5.04万円 7.4%
3倍 3.36万円 11.0%
5倍 2.02万円 18.3%
10倍 1.00万円 36.6%

本記事で解説したように、安全運用できるレバレッジは2倍~3倍。

この場合の想定年利は7.4%~11.0%になります。

投資家サト
投資家サト
これは配当利回り単体なので、値上がり益も含めると更にプラスでリターンが得られるはず!

FTSE100は過去50年間右肩上がりの指数で、長期的には値上がりも期待できる為、更にリターンは大きくなると見込んでます。

EU離脱 FTSE100 影響

なお、くりっく株365とGMOクリック証券の配当利回りについて>>>【比較】FTSE100投資くりっく株365とGMOクリック証券の違いとは?で徹底比較しています。

くりっく株365 店頭CFD 比較
【比較】FTSE100|くりっく株365と店頭CFD(GMOクリック証券)の違いとは?【2019年9月11日更新】FTSE100投資でくりっく株365と店頭CFDを比較検証。どちらが良いか迷っている方はこの記事を見ればすべて理解できます。ぜひご覧ください。...

現在くりっく株365で運用中の方は上記も参照してみてください。

まとめ:GMOクリック証券は少額でFTSE100積立投資が可能!

今回はGMOクリック証券でFTSE100積立投資をする場合の必要資金の考え方について解説しました。

投資家サト
投資家サト
簡単におさらいしておきましょう!
本記事の内容
  • 3万~5万から安全に積立可能!
  • レバレッジは下落想定から決定
  • 推奨は2000pt=レバ2.7倍!
  • ロスカットレートを決めれば必要資金は自動算出してくれるので心配はいらない。
  • 配当利回りは7.4%~11.0%!

くりっく株365で長期積立が出来なくなった今、店頭CFDでFTSE100に投資するならGMOクリック証券が必須!

もちろん登録は無料なので、現くりっく株365上場廃止までに口座開設して投資準備をしておきましょう。

もちろんボクも口座開設済みです!

GMOクリック証券口座開設はコチラ!

CFD取引口座も一緒に申し込むは必ずチェックを入れてください。
(たまに忘れてる方いてご質問いただきますが、再申請の手間が生じます…。)

以上

FTSE100で配当生活を目指しませんか?

【4コマ漫画】FTSE100との出会い…

FTSE100 配当

 

投資家サト
投資家サト
ボクの運用プランも合わせて紹介してます!

 

FTSE100配当投資なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券 FTSE100

株価指数CFDでFTSE100配当投資をするならGMOクリック証券一択です!

GMOクリック証券のメリット
  • スプレッドが狭く利益が出やすい!
  • 取引ツールが秀逸でリスク管理がしやすい!
  • 決済期限がなく長期投資が可能!

FTSE100積立投資は長期で配当を貰いつつ値上がりを期待する運用です。

つまり早く始めた分だけ利益が大きくなります。

登録無料、5分で完了します!

ボクと一緒にFTSE100で配当生活を目指しましょう!

【無料】口座開設はコチラ

投資家サト
投資家サト
口座開設手順の詳細を知りたい方は下記を参照ください!
画像付き解説を見る人はクリック

口座開設手順①:公式サイトへアクセス

まずは下記のリンクから公式サイトへ!

【公式サイトへ】

口座開設手順②:必要情報を入力

まずは口座開設をクリックです。

GMO CFD 口座開設

つづいて必要情報の入力です。

GMOクリック証券 口座開設方法

特定口座はCFDでは要らないので不要な方はチェックを外してください。

注意!CFD取引口座も一緒に申し込むは必ずチェックを入れてください!

ここからは質問回答です。そのまま答えればOK。

GMOクリック証券 口座開設方法

口座開設手順③:本人確認書類の提出

最後に本人確認書類を提出して完了です。

早く口座開設したい方は必ずアップロード送信を選択しましょう。

GMOクリック証券 口座開設方法

以上で手続きは完了です。

サクッと5分で終わる手続きで毎月の不労所得を作る下準備が完了です。

ぜひボクと一緒にFTSE100で配当生活を目指しましょう!

【無料】口座開設はコチラ

ツイッター問い合わせ、コメント欄でいつでも質問募集中です!

なにか疑問点やお困りの事があれば、気軽に連絡してくださいね!

以上

関連記事

POSTED COMMENT

  1. […] 詳しい計算は省略しますが、下記の記事が参考になりました。※参考:GMOクリック証券でFTSE100積立はいくらから?レバレッジ別に検証! […]

  2. ばし より:

    レバレッジ変更の理屈がわかりません。。。お教えいただけますと幸いですm(__)m

    • sato より:

      ばしさん

      コメントありがとうございます!
      レバレッジとは?という質問と受け取り、以下回答させていただきます。

      例えば、レバレッジ1倍で投資する場合、
      FTSE100が7200ポンド、ポンド円レート140円なら、
      7200×140×0.1=100800円が1枚の値段です。

      ここで株価指数CFDは最大レバ10倍なので、例えば10倍で投資するなら、
      100800/10=10080円で投資できる、というのがレバレッジです。

      つまり本当は10.08万の金融商品だけど、
      レバ10倍で投資するなら、口座に1/10の1万80円しかなくてもFTSE100を1枚購入できるわけですね。

      これがレバレッジの説明になります。主旨合ってますでしょうか?

      • ばし より:

        お返事ありがとうございます!
        では仮に1枚所有している状態でレバレッジを下げたい場合ですとどのように行うのでしょうか?(><)
        口座に10万80円があれば自動的に1倍に引き下がるのでしょうか?
        それともロスカットレートを変更し追加証拠金を入れることで初めて倍率は下がるのでしょうか?
        サトさんの表記ですと3倍にしたい場合には3万ほどの資金とのことですが両者のどちらの認識で良いのかお教えいただけますと幸いです。

        • sato より:

          ロスカットレートを変更し、追加証拠金を入れることで初めて倍率が下がる、という認識でOKです。

          通常のFXやCFDの考え方的には、口座に10万800円あればレバ1倍にできるんですが、
          GMOの場合は建玉毎にロスカットレートを設定する形になるので、
          例えば7000ポンドの時に、ロスカットレートを0に設定するとレバ1倍です!(必要な金額が10万800円になる)

          ちなみにボクが3倍=3万といってるのはFTSE100が現在水準の場合です。
          仮にこれから10000ポンドとかになると、レバ3倍資金は増えるのでその点も認識いただければと思います!

          基本はFTSE100がどこまで下がるコトを許容するかを決めて、ロスカットレートを指定すれば必要な金額が自動計算されるので、
          それに従うのが楽かと!(レバレッジを気にしなくても、GMOの場合は必要資金を自動計算してくれる、という点がメリットなので)

          • ばし より:

            なるほどです!ご丁寧にありがとうございます!
            試してみたいと思います!!

          • sato より:

            こちらこそコメントいただきありがとうございます!
            他にも疑問点等あれば、記事追加等もしていきますのでいつでもご連絡下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です