CFD証券会社おすすめ5選!

株主優待って楽しい?メリットや注意点を分かりやすく解説

「株主優待ってよく聞くけど、楽しいのかな?」

「株主優待を目当てに株式投資を始めたいけど、気をつける事ってある?」

株主優待とは、言葉の通り株主が受け取れる優待ですが、興味がある方も多いのではないでしょうか。

しかし実際株主優待の種類やメリットを知らないと、始める決断ができない方もいますよね。

そこで今回は、株主優待の楽しさやメリットについて詳しく紹介します。

記事の後半では、株式投資を始める際の注意点やよくある質問も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 : 【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

目次

株主優待って何?

株主優待

株主優待とは、企業が自社の株式を保有している株主に対して、自社の商品やサービスを提供する特典のことをいいます。

株主優待を受けるには、一定数以上の株式を保有する必要があることや保有期間など、条件があるので事前に確認が必要です。

上記のように聞くと、株主にのみメリットがあると感じますが、株主優待は企業にも大きいメリットがあります。

企業は株主優待を行うことで、長期的に株式を買ってくれる株主を獲得できます。

また新しい株主の獲得にも繋がり、自社のファンを増やせることで、安定株主が増えることが大きいメリットです。

安定株主とは、企業の業績や株価の変動に関係なく、企業の株式を長期的に安定して保有する株主のことをいいます。

株主優待は株主にも企業にもメリットがある制度で、興味を持っている投資家も多いでしょう。

株主優待は多くの会社が実施している!

株主優待は、企業にもメリットが大きいことから、実施している企業が多くあります。

そのため、株主優待を目当てに株式を買おうと思っている方も、あらゆる企業の中から自分に合う銘柄を見つけやすいですよ。

株主優待を行っている企業は比較的年々増えているため、今後もより増えることが期待できるでしょう。

自分の買いたい銘柄の企業が今株主優待を行っていなくても、今後行う可能性があるため常にチェックすることがおすすめですよ。

株主優待の受取方は?

株主優待は、株式を保有することで受けられますが、実際どのような流れで受け取れるのか気になりますよね。

株主優待の受取方の手順は以下の通りです。

  1. 口座を開設する
  2. 株主優待を行っている企業の株式を購入し株主になる
  3. 権利確定日まで株式を保有する
  4. 権利確定日後に株主優待による特典が送られてくる

上記の流れで株主優待を受けられます。

そのため、株式は買うだけでなく「権利確定日」までの保有が必要なので気をつけましょう。

また、権利確定日の2営業前である「権利付き最終売買日」までに株式を買わないと株主優待を受けられません。

権利付き最終売買日までに株式を購入し、権利確定日まで保有することで株主優待を受けられますよ。

株主優待に関する詳細情報は、公式ホームページに記載されていることがあるので、一度チェックしてみましょう。

関連記事 : 高配当株で配当金生活も夢じゃない!高配当株の選び方&儲けワザ

株主優待の種類にはどんなものがあるの?

株主優待の種類

これまで株主優待について紹介しましたが、どんな特典を受けられるのか知っておきたいですよね。

株主優待の種類には主に以下のものがあります。

  • 自社製品
  • 飲食料品
  • 買物券や食事券
  • 日用品や家電

上記の中でも特に自社製品の詰め合わせやサービスの提供は多いです。

他にも公共交通機関の乗車券や、娯楽に使えるチケットまで、幅広い種類の株主優待があるので、興味がある特典を調べてみましょう。

あらゆる種類の中から自分の気になる特典を探せることも、株主優待の楽しさの1つですね。

自分のライフスタイルに合う株主優待も多い!

株主優待の特典には多くの種類がありますが、自分の都合に合わせられる特典も多いです。

例えば以下のような株主優待があります。

  • テイクアウトで利用できる
  • 自宅に商品を届けてもらえる

株主優待には食事券や飲食料品に関するものも多いですが、上記のように使えることがあります。

そのためあまり外出したくない方や、お店に入って食事をするのが苦手な方でも安心ですね。

株主優待は種類だけでなく、使い方も様々なので利用しやすいですよ。

欲しいものがなければ寄付も検討しよう!

株主優待にはあらゆる種類がありますが、必ず自分の欲しいものはあるとは限りませんよね。

そんなときは、寄付をすることもおすすめです。

企業によっては寄付を選べるので、株主優待が特にいらなければ寄付も検討しましょう。

欲しい物がないときに無理に受け取っても、結局使わずに終わってしまうこともあります。

使い道がないまま無駄にするのはもったいないですが、寄付があると有効活用できるので嬉しいですね。

しかし株主優待の中で欲しいものがない場合でも、何かと交換することはおすすめです。

後々使う可能性を考えて、できるだけ株主優待を有効的に受け取りましょう。

関連記事 : 不労所得で月10万円達成する方法!注意点とコツもご紹介【初心者必見】

株主優待を受けるメリットって何?

株主優待のメリット

これまで株主優待について紹介しましたが、受け取ることでどのようなメリットがあるのか気になりますよね。

株主優待のメリットを知ることで、もっと楽しく株式を始められますよ。

そこでこのトピックでは以下の3つのメリットを紹介します。

  • 買いに行く手間がなくなる
  • 現金を使う機会が減り節約に繋がる
  • 常に株価を確認する必要が無い

買いに行く手間がなくなる

株主優待で家に商品を届けてもらえる内容であれば、買いに行く手間をなくせます。

特に水やお米などのかさばる飲食料品だと、買い物も大変ですよね。

株主優待は、お米や水を家に届けてくれる商品もあります

株主優待の特典により普段の生活が非常に楽になることもあるのは大きいメリットですね。

他にも家電などが家に届くものもあります。

家に商品を届けてもらえるのであれば、自分で買い物をする時に大変な商品を選ぶと良いでしょう。

買い物の手間がなくなることで、時間をさらに有効活用できますよ。

現金を使う機会が減り節約に繋がる

株主優待では、割引券やチケットをもらうことも多いです。

そのため、普段の買い物において現金を使わずに、株主優待でもらった券のみで買い物も可能です。

現金を持ち歩くことが面倒臭いという方にも嬉しいメリットですね。

また、欲しいものを優待品でカバーできることも多いため、そもそもの買い物が減ることもあります。

買い物が減ることで、より現金を使う機会が減るので、効率的な貯金もできますよ。

特に日常的に必須の商品が優待でもらえれば、生活費も一気に羽化せられるのでお得ですね。

できるだけ優待品を上手く使いたいという方は、日常的に利用する商品と交換して、支出を減らすこともおすすめです。

娯楽に使うのも良いですが、ティッシュなどの日用品をもらえることで、買い物の時間や手間、お金を一気に節約できますよ。

常に株価を確認する必要が無い

株式投資を始めて得られる利益には主に以下の3つがあります。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン
  • 株主優待

キャピタルゲインとは株式の売買益のことで、購入した株式を株価が上昇したタイミングで売却することで得られる利益です。

キャピタルゲインを中心に株式投資を始めるのであれば、株価を常に確認する必要があります。

しかし、株主優待による利益を目的として投資を行うのであれば、株価を常にチェックする必要がありません。

また、長期保有によって優待が優遇されることもあるので、長期保有をしやすいですね。

株価は長期保有することで、いつの間にか上がっていることも多いのでおすすめですよ。

関連記事 : 長期投資は初心者におすすめ?メリット・デメリットをわかりやすく解説

銘柄選びに悩むなら株主優待から選ぶのも1つの手!

株主優待で銘柄選び

株式投資を始めたいけど、どの銘柄を選べば良いか分からないという方は、株主優待から選ぶことも検討してみましょう。

株主優待にはあらゆる種類があるので、自分の気になる優待も見つけやすいですよ。

優待内容から探して絞れたら、業績や銘柄情報を集めていくと効率良く探せます。

株主優待で銘柄を選ぶ際は、自分が利用できるか、楽しめるか、を中心に考えることがおすすめです。

優待内容が良くても、自分の近くにお店がない券や自分の生活スタイルではなかなか使えない券だと意味がありませんよね。

優待は内容と自分がどれだけ有効活用できるかを照らし合わせて決めましょう。

優待内容を自分が楽しめるかも基準として、自分が楽しんで使える優待の銘柄を選びましょう。

配当金がある会社からも探してみよう!

優待内容だけでは決められないという方もいるのではないでしょうか。

どうしても銘柄選びに悩む方は、優待内容に加えて配当金がもらえる会社から探すのもおすすめです。

配当金とはインカムゲイともいい、株主に分配される現金配当のことをいいます。

株主優待と同じく、配当金も株式を購入すれば必ずもらえるわけではありません。

そのため、キャピタルゲインを目的としないのであれば、株主優待と配当金がもらえるかを条件に銘柄選びを行うことも良いでしょう。

配当金は基本的に年に1~2回支払われます。

配当金を受け取るにも、権利付き最終売買日までに株式を購入し、権利確定日までの保有が必要です。

株主優待内容だけで選べないのであれば、配当金ももらえる会社から探してみましょう。

長期保有がおすすめ!

また、特に初心者で株主優待を目的に銘柄を選ぶのであれば、長期保有による優遇がある株式がおすすめです。

長期間の保有であれば、常に株価の変動を確認する必要が無いので、初心者でも始めやすいです。

また、日中は仕事で忙しく株価を確認する暇が無いいという方でも気軽に始められますね。

株式を長期保有することで、優待内容が優遇されることも多いので、ぜひ確認してみましょう。

さらに長期保有すると、自分の保有している株式のニュースや業界の情報をチェックすることが日課にもなります。

普段の生活において株式情報の確認が身につけば、取引を行う銘柄を増やしたときにもいかせるでしょう。

株式投資に徐々に慣れて今後本格的に始めたいという方にも、練習として長期保有がおすすめですよ。

関連記事 : 株の始め方やコツって?初心者にも分かりやすく徹底解説

株主優待を目的に株式投資を始める際の注意点

株主優待の注意点

これまで、株主優待のメリットや種類について紹介しましたが、株式投資を始めるには注意点もあります。

事前に気をつけるべきポイントも把握して、株式投資を始めるようにしましょう。

このトピックで紹介する注意点は主に以下の3つです。

株式投資を始めてから後悔しないために、ぜひ一度チェックしておきましょう。

  • 株式投資のリスクを把握する
  • 株主優待を受けられない可能性もある
  • 買いすぎると優待を使えないことがある

株式投資のリスクを把握する

株主優待を目的に株式投資を始める際は、株式投資のリスクも事前に把握しておくことが大切です。

株式投資は株を買い、購入価格寄りも株価が上昇したタイミングで売ることで利益を出せます。

株主優待を目的とするのであれば、基本的には長期保有が良いですが、中には長期保有することが難しい株式もあります。

自分の持っている株式の会社が倒産するリスクや、株価が大幅に値下がりするリスクも頭に入れて置きましょう。

銘柄選びの際に、長期的な視点で成長を期待できる株式を選ぶのはもちろん、途中で売却する可能性を考える必要があります。

売却する際のタイミングによっては損失に繋がりますが、思い切って損切りの判断が必要です。

期待できない株式は売って、長期保有できる銘柄の購入を行いましょう。

株主優待だけに気を取られるのではなく、あくまで株式投資の特典だと考えることがおすすめです。

株主優待を受けられない可能性もある

株主優待は、株式を購入すると確実に受け取れるわけではありません。

業績不振などによって株主優待制度が中止や変更になることや、条件を満たさないと受け取れないことがあるので気をつけましょう。

株主優待を受け取りたいのであれば、事前に株主の条件を確認することが大切です。

条件には主に、株式の保有枚数や株式の保有期間が関わります。

どれくらいの株式を購入すると優待が受けられるのか、条件に当てはまる枚数を買える資金があるのか確認しましょう。

また、株式購入の資金がない場合は無理して買うのではなく、余剰資金ができたら始めると良いでしょう。

株式投資には損失のリスクもあるので、優待だけを考えるのは危険です。

自分の資産状況と株式投資のリスクを考慮に入れて、株主優待を受ける条件を満たしましょう。

また、優待は保有期間などで優遇があるので、同時に把握しておくとモチベーションも保ちやすいですよ。

買いすぎると優待を使えないことがある

株主優待を目当てに多くの会社の株式を購入すると、優待が多すぎて使えないということもあります。

せっかく優待を受けられるのに使えずに終わるのはもったいないですね。

株主優待にも期限があるので、自分が使い切れる量の株式を購入するようにしましょう。

株主優待は株式投資の特典として非常に嬉しい利益なので、計画的に利用することが重要です。

自分の生活スタイルを考えて、無理なく優待を受けましょう。

関連記事 : 株を買うタイミングはいつ?初心者が知っておきたい株の買い方・売り方

株主優待に関するよくある質問

株主優待のQ&A

このトピックでは株主優待に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • 株主優待を受けるにはどれくらいの資金が必要なの?
  • 優待品っていつ届くの?

株主優待を受けるにはどれくらいの資金が必要なの?

A. 安いところだと5万円以下で株主優待を受けられます。

株主優待を受けるにはまとまった株式の購入が必要なので、資金もかかると考えている方が多いと思います。

しかし安いところだと5万円以下でも株主優待を受けられるので、資金が少ない方でも始めやすいですよ。

ちなみに以下は5万円以下で株主優待を受けられます。

  • ギグワークス
  • ミツバ
  • TBK
  • 秀英予備校

株主優待は1単元になると優待を受けられることが多いですが、最初にまとまった資金を用意できない方は、単元未満株を買うこともおすすめです。

単元未満株は安いと数百円から買えますが、コツコツ買うことで1単元になれば優待を受けられます。

株主優待を受けたいけどまとまった資金の用意ができない方は、単元未満部を取り扱っている会社を探してみましょう。

関連記事 : ミニ株・単元未満株とは?おすすめ銘柄から証券会社まで徹底比較

優待品っていつ届くの?

A. 権利確定後3ヶ月程度で届くことが多いです。

優待品が届くタイミングは、企業によって異なりますが、多くの場合は権利確定後2ヶ月から3ヶ月ほどで届きます。

そのため、権利確定後にすぐ受け取れるわけではないので気をつけましょう。

また、株主優待がなかなか届かない場合は、直接株式を買った企業に問い合わせる必要があります。

権利確定後3ヶ月を過ぎても届かなければ、一度問合せしてみることもおすすめです。

株主優待で楽しく株を始めよう!

株主優待にはあらゆる種類があり、メリットも多くあります。

しかし株式投資を始めるには、リスクもあるので事前に把握しておきましょう。

自分のリスク許容範囲を事前に決めておいて、株式投資を始めると安心ですよ。

株主優待を目的の株式投資は、基本的に長期保有を目指して株式を買いましょう。

また、株主優待を目当てに株式投資を始めるのであれば、事前に内容を確認し自分が使えるのかを考えることが大切です。

自分の生活スタイルに合わせた優待品を選ぶことで、楽しく便利に始めましょう。

関連記事 : 株を始める最低資金はいくら?1株数百円からできる初心者におすすめの少額投資

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる