CFD証券会社おすすめ5選!

岡三オンラインの評判・口コミまとめ!手数料やツールについても解説

岡三オンラインの評判や口コミについて紹介しながら、特徴についても分かりやすく解説します。

「岡三オンラインで投資を始めたいけど、実際の評判を知りたい!」
「岡三オンラインは手数料や取引ツールが評判良いけど本当?」

岡三オンラインに関して上記のような疑問を持つ方もいますよね。

岡三オンラインの口コミや評判から、実際のメリット・デメリットまで詳しく解説します。

記事の後半では岡三オンラインの始め方についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容 :

岡三オンラインの評判やメリット・デメリットを知りたい方向け

  • 口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • よくある質問
目次

岡三オンラインとは?

岡三オンライン

岡三オンラインの基本情報は以下の通りです。

名称 岡三オンライン
ツール PC・スマホ・タブレット
取引サービス
  • 現物株式
  • ETF・ETN・REIT
  • 単元未満株式
  • 信用取引
  • 投資信託
  • 先物・オプション
  • FX(取引所・店頭)
  • CFD(取引所)
購入手数料 0円(投資信託)
最低取引額 100円(投信積立)
取引手数料 0円~(現物株式)

岡三オンラインとは、岡三証券のネット取引のサービスです。

もともと岡三オンライン証券の名称でしたが、2022年1月1日に、岡三証券と合併しています。

合併前の取引ツールをそのままに、実績や信頼がある岡三証券によるサービスとなったのでどなたでも安心して利用できますね。

岡三オンラインは選べる2つの手数料のプランと取引ツールに人気があり、大きな魅力となっています。

詳しい手数料体制や取引ツールについては、後ほど解説します。

関連記事 : 【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

岡三オンラインの口コミ・評判

岡三オンラインの口コミ・評判

では、岡三オンラインの口コミ・評判について紹介します。

自分に合うか見極めるためには、良い口コミ・評判、悪い口コミ・評判の両方の確認が大切です。

まずは良い口コミ・評判です。

岡三オンラインの良い口コミ・評判

「ツールやチャートが使いやすい!」

岡三オンラインの取引ツールは高機能でとても便利だと思う。初心者でも使いやすかったので、助かった。他社に比べても抜群の使いやすさなのが良い。チャートの機能も見やすくて、使い勝手が良いと感じる。

「IPOに申し込むときに前金がいらないのが嬉しい!」

岡三オンラインでは、IPOの申込みの時事前入金しなくていいので、気軽に申し込める。他のネット証券だと申し込み時に入金が必要な場合が多いので、IPOは岡三オンラインを重宝している。

「サポートが丁寧で迅速なので助かる!」

分からない事があったときに電話相談での対応が丁寧で良かった。メールで問い合わせたときも迅速に対応してくれたので非常に助かる。特に初心者だと分からないことが多いので、電話で相談できるのは嬉しい。

「少額から投資できるから気軽に始められる!」

少額取引なら手数料も無料だから、気軽に始めやすい。単元未満株が買えるから、まとまった資金がなくても投資できるし、リスク面でも安心。少額から取引を行えて手数料のコストもカットできるからおすすめ。

上記のように、岡三オンラインの良い評判には取引ツールやIPO、手数料やサポート体制、に関する意見が多く見受けられました。

岡三オンラインの悪い口コミ・評判

「FXのニュース欄が見にくい…」

岡三オンラインのニュース欄は他の証券会社のFXと比べて使いづらかった。基本的にFXの取引を中心に行っているが、チャートの機能についても操作方法が難しく感じた。もう少し分かりやすくなって欲しい。

「スマホアプリに慣れるまで時間がかかる…」

スマホアプリが本当に使いにくい。独特な設定だから操作方法の説明が欲しい。スマホのアプリは使い始めたばかりだと分かりにくいので、慣れるまで時間がかかる。動作も不安定なので強制ログアウトすることもあるのが残念。

「電話サポートが受けにくい…」

電話で相談しようと思ったのに、電話が全然繋がらない。それにスマホから電話すると有料になってしまうのが残念。電話サポートは受付時間も短いので、利用しにくい。メールの連絡も遅すぎるからサポートが受けにくく感じる。

上記のように、岡三オンラインの悪い評判にはツールやサポートに関する意見が多く見受けられました。

岡三オンラインのメリット

岡三オンラインのメリット)

では、岡三オンラインのメリットについて詳しく解説します。

岡三オンラインは取引ツールや手数料が魅力的ですが、他にも多くのメリットがあります。

今回紹介する岡三オンラインのメリットは以下の6つです。

それぞれ詳しく解説します。

  1. 定額プランは100万円まで手数料無料
  2. IPOに資金不要で申し込める
  3. 取引ツールが高機能
  4. 投資情報が満載
  5. 単元未満株の取引が可能
  6. 投資信託の購入時手数料が無料

メリット①定額プランは100万円まで手数料無料

岡三オンラインには、以下の2つの手数料プランがあります。

  1. 定額プラン
  2. ワンショットプラン

定額プランの場合、現物株式と信用取引どちらも100万円まで手数料が無料で利用できます。

そのため、株取引において最大200万円まで株式手数料が無料になるのでお得ですね。

100万円以内におさまる取引しか行わない方には、定額プランは大きなメリットですよ。

また、投資信託の保有残高に応じて信用取引手数料が無料になる特典もあるので、ぜひ確認してみましょう。

定額プランの現物株式手数料は以下の通りです。

1日の約定代金合計金額 手数料上限(税込)
~100万円 0円
~200万円 1,430円
以降100万円増加ごとに 550円ずつ増加

ワンショットの現物株式手数料は以下の通りです。

1注文の約定代金 手数料(税込)
~10万円 108円
~20万円 220円
~50万円 385円
~100万円 660円
~150万円 1,100円
~300万円 1,650円
以降100万円増加ごとに 330円ずつ増加(上限は3,300円)

ちなみに、定額プランの信用取引は4つのコースに分かれていますが、どれでも1日の約定代金合計金額が100万円までは手数料が無料です。

メリット②IPOに資金不要で申し込める

岡三オンラインでは、IPOに資金を用意せずに申し込めます。

IPOに申し込むには、事前に資金を用意する必要があるネット証券が多いので、岡三オンラインは他社に比べてIPOに申し込みやすいですね。

事前にまとまった資金が用意できない場合や始めたばかりの方も、IPOに参加できるのは大きなメリットです。

岡三オンラインでは、原則1人1単元を分配し公平な抽選を行うため、多くの方に当選のチャンスがあります。

証券会社によっては、資金に余裕がある方が有利なことや資金が少ないと当選確率が低いことがあるので、嬉しいポイントです。

岡三オンラインには投資信託の保有残高に応じてIPOの当選確率が上がる、という特典があるので、気になる方は確認してみましょう。

また、岡三オンラインのIPOでは、申込・購入手数料が無料です。

事前入金も不要な事から、コストをおさえて利用できるので、多くの個人投資家が利用しやすいですね。

岡安オンラインのIPOの手続きの流れは以下の通りです。

  1. 抽選申込
  2. 抽選結果の確認
  3. 残高の確認と入金
  4. 購入申込
  5. 約定

メリット③取引ツールが高機能

岡三オンラインの取引ツールは充実していて高機能であり、人気も非常に高いです。

しかし多くのツールがあるとどれが良いか分からないこともありますよね。

岡三オンラインのツールは、商品やキーワードなど用途で絞り込んで検索できるため、自分の求めるツールを簡単に見つけられます。

初心者におすすめのツールには初心者マークがついているので、一目で分かりやすいですよ。

初心者から中級者、上級者まで幅広く用意があるのでどなたにも役立てられます。

パソコンやタブレット以外にスマホアプリもあるので、片手で利用できるのも嬉しいですね。

岡三の取引ツールには主に以下のものがあります。

ツール 特徴 対応
岡三ネットトレーダーシリーズ プロのディーラーの声を反映していて情報量も豊富。発注から分析まで可能で上級者におすすめ。 PC
岡三ネットトレーダーWEB2 使いやすさを追求したシンプルな操作性で初心者にもおすすめ。取引情報と注文機能も充実。 PC・スマホ・タブレット

岡三オンラインの総合口座を持っていればツールは無料で利用できます。

メリット④投資情報が満載

岡三オンラインには投資情報が満載です。

投資情報では、個別銘柄や市場・市況、カレンダーのカテゴリーで区別されているので、自分の知りたい情報を見つけやすいです。

また、最新情報がリアルタイムで入ってくるため、旬のテーマについてもいち早く確認できます。

岡三オンラインオリジナルの情報と岡三証券のリサーチ部門の情報を無料で確認でき、銘柄選びで悩む心配もありません。

アナリストなど専門家によるレポートも閲覧可能なので、投資情報を簡単に身につけられますよ。

岡三オンラインには、無料で参加できるセミナーも実施しています。

セミナーには、岡三オンラインのストラテジストや著名な専門家、投資家が参加するので、有益な情報を得られます。

他にも、日々の相場概況や見通しなどオリジナルの投資情報をメールマガジンとして月曜日から土曜日まで届ける、岡三オンラインマガジンは役立つと評判も良いです。

自分で調べなくても投資情報を届けてくれるのは、便利で助かりますね。

メリット⑤単元未満株の取引が可能

岡三オンラインは、単元未満株の取引が可能なので少額の取引ができます。

基本的に国内株式は100株単位からしか購入できませんが、単元未満株ではこの取引単位に満たない数量での取引ができます。

そのためまとまった資金がなくても少ない資金で投資できますね。

また、少額投資で複数の銘柄を買うことで、リスクを分散させられるので、低リスクで取引をしたい方にも嬉しいメリットです。

単元未満株でも株主となるため、優待や配当が株式の持ち分に応じて分配されます。

単元未満株を買い増すことで単元株として所有できるので、コツコツ買うことが可能です。

単元株として取引をする場合は、現物株式の手数料となるので気をつけましょう。

ちなみに単元未満株としての取扱銘柄は、下記の上場銘柄およびETFです。

  • 東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)
  • 名証(セントレックス含む)
  • 福証(Q-Board含む)
  • 札証(アンビシャス含む)

メリット⑥投資信託の購入時手数料が無料

岡三オンラインでは、投資信託の購入時手数料が無料なので、お得に取引できます。

長期的な資産形成がしたい方には、全ての投資信託の購入時手数料がいつでも0円なのは大きなメリットになりますね。

他社で購入時手数料がかかるファンドと同じファンドでも岡三オンラインで購入すると、購入時手数料を支払う必要がありません。

一括購入と積立買付どちらでも手数料は全て無料であり、NISA口座も対象となります。

しかし、ETF等の上場投資信託は対象外となるので気をつけましょう。

投資信託の購入時手数料が無料のプログラムは、投信積立にも適用されます。

岡三オンラインの投信積立は月々100円から始められ、積立期間中の毎月の買付手数料はずっと無料ですよ。

ちなみに岡三オンラインの投資信託はスマホからも簡単に取引ができるため、場所や時間を選びません。

忙しい方やすきま時間に取引を行いたい方も、手軽に利用できるのは嬉しいですね。

岡三オンラインでは投信ロボやランキング情報があるため、銘柄選びも迷いません。

ちなみに、SBI証券でも単元未満株の取り扱いがあります。

関連記事 : SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

岡三オンラインのデメリット

岡三オンラインのデメリット

では、次に岡三オンラインのデメリットについて解説します。

メリットだけでなくデメリットも確認して、自分に合うのか慎重に検討しましょう。

岡三オンラインのデメリットは主に以下の3つです。

  1. つみたてNISAの取り扱いがない
  2. 投資信託の取り扱い本数が少ない
  3. 単元未満株や100万円を超える取引の手数料が高い

デメリット①つみたてNISAの取り扱いがない

岡三オンラインにはつみたてNISAの取り扱いがありません。

NISAやジュニアNISAの取り扱いはありますが、つみたてNISAは対応していないので気をつけましょう。

つみたてNISAは長期積立・分散投資で資産形成を行う非課税制度なので、投資初心者の方からも人気が高いです。

まずはつみたてNISAから始めようと考えている方も多いので、つみたてNISAの取り扱いがないのは岡三オンラインのデメリットですね。

つみたてNISAを利用したい方は他の証券会社と併用するようにしましょう。

デメリット②投資信託の取り扱い本数が少ない

岡三オンラインは投資信託の取り扱い本数が他社と比べると少ないです。

そのため、あらゆる投資信託から選びたい方は気をつけましょう。

また、自分の目当てのファンドを見つけられない可能性もあるので、投資信託に力を入れたい方は、投資信託の取り扱いが豊富な証券会社を検討してみましょう。

岡三オンラインの投資信託は、取扱本数が多くないことがデメリットとなりますが、メリットも多いです。

メリットには購入時手数料が無料や特典などがあります。

事前にメリットとデメリットをどちらも確認して、利用するか決めましょう。

デメリット③単元未満株や100万円を超える取引の手数料が高い

岡三オンラインは、単元未満株の手数料が高いです。

岡三オンラインの単元未満株の手数料は以下の通りです。

インターネットでの取引手数料

1注文の約定代金 手数料(税込)
~2万円 220円
~3万円 330円
~10万円 660円
以降10万円増加ごと 660円ずつ増加

コールセンターでの取引手数料

1注文の約定代金 手数料(税込)
~50万円 5,500円
以降50万円増加ごと 5,500円ずつ増加

上記のように、岡三オンラインの単元未満株の手数料は他社と比べても比較的高い設定になっています。

少しでもコストを抑えたい方は、他の証券会社を検討してみましょう。

また、岡三オンラインでは100万円を超える取引だと手数料が割高になることがあります。

100万円までは手数料が無料ですが、超える場合は気をつけましょう。

ちなみに楽天証券ではつみたてNISAの取り扱いが豊富です。

関連記事 : 楽天証券の評判・口コミまとめ!ポイント投資や手数料も解説

岡三オンラインがオススメな人

これまで、岡三オンラインのメリットやデメリットについて詳しく紹介しました。

しかし、岡三オンラインが合うのがどんな人なのか分からないという方もいますよね。

そこでこのトピックでは岡三オンラインがおススメな方について以下の4つの特徴を紹介します。

悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

  • 取引ツールにこだわりたい方
  • IPOに気軽に申し込みたい方
  • 少額投資を行いたい方
  • 投資情報を学んで取引に活かしたい方

取引ツールにこだわりたい方

岡三オンラインは、取引ツールの使いやすさや高機能なことが人気です。

そのため、取引ツールにこだわりたい方は、岡三オンラインがおすすめです。

岡三オンラインには、初心者から上級者まであらゆる方にぴったりのツールが揃っているので、自分に合うツールを見つけましょう。

ツールは用途に合わせて調べられるので、どれが良いか分からないという心配もありませんよ。

また、スマホアプリもあるので、スマホから片手で簡単に取引を行いたい方にもおすすめです。

IPOに気軽に申し込みたい方

岡三オンラインでは、IPOの申し込み時に資金を用意する必要がありません。

そのためどなたでも気軽に申し込めるので、IPOに参加したい方におすすめです。

多くの証券会社では、IPOの申し込み時に資金が必要となるため、投資資金が少ない方などは簡単に申し込めないこともありますよね。

IPOの取り扱い本数や主幹事の実績は気にしないから、とりあえず参加したいという方は、岡三オンラインでIPOを利用しましょう。

また、岡三オンラインのIPOは公平なので、どなたにも当選チャンスがあるので嬉しいですね。

少額投資を行いたい方

岡三オンラインでは、100万円までの取引であれば、手数料が無料で利用できます。

そのため、少額投資を行いたい方はお得に利用できますよ。

また、投信積立は毎月100円から可能で、単元未満株の取り扱いもあります。

初めは少額が良い、リスクを抑えたいという方にぴったりですね。

岡三オンラインの投資信託は購入時手数料が無料で、投信積立にも適用されるので、無駄なコストをかけずに、少額投資できます。

投資が初めての方や、投資資金が少額しか用意できないという方も、気軽に始められますね。

投資情報を学んで取引に活かしたい方

岡三オンラインには、投資情報が豊富です。

そのため、投資情報を学びながら取引を行いたい方におすすめです。

投資情報は常に最新のニュースをリアルタイムで届けてもらえるので、非常に便利です。

また、セミナーも開催しているので気になるセミナーがあれば参加してみましょう。

有益な情報を無料で身につけて投資を始めましょう。

投資情報には銘柄の情報もあるため、銘柄選びに悩んでいる方や始めたばかりで分からない方にもおすすめです。

ちなみに野村證券はIPOに強いので、IPOに力を入れたい方は岡三オンラインとの併用もおすすめです。

関連記事 : 野村證券の評判・口コミまとめ!実際のメリット・デメリットを解説

岡三オンラインの始め方

岡三オンラインの始め方

上記では、岡三オンラインがおススメな人について詳しく紹介しました。

岡三オンラインのメリットやおすすめから自分に合っていると感じた方もいますよね。

そこでこのトピックでは岡三オンラインをいざ始めたいという方に向けて、始め方を詳しく解説します。

岡三オンラインで口座開設をして投資を始める手順は以下の通りです。

  1. 口座開設申込み
  2. 必要書類提出
  3. 口座開設完了
  4. 入金
  5. 取引開始

岡三オンライン証券では、無料で口座開設できます。

最短5分で申込みを完了できるので、忙しい方でも時間を見つけやすいですね。

岡三オンラインの口座開設申込みには事前にメールアドレスを登録する必要があるので、事前に利用するメールアドレスを確認しておきましょう。

STEP1 : 口座開設申込み

岡三オンラインで口座開設申込みをする際は、まずメールアドレスを登録します。

登録が完了すると、口座開設申込専用のURLが送られてきます。

24時間以内にURLにアクセスし、基本情報を入力します。

基本情報で入力する名前や住所は、提出する本人確認書類と同一の内容を入力しましょう。

基本情報の入力が終わると本人確認書類の提出にうつります。

岡三オンラインの口座開設には以下の書類が必要なので、事前に用意しておきましょう。

  • 個人番号確認書類
  • 本人確認書類

STEP2 : 必要書類提出

書類の提出には以下の3つの方法があります。

  1. 画像アップロードによる提出
  2. ご自身で書類を印刷する
  3. 書類を請求する

画像アップロードの場合、最短当日で口座開設の手続きが完了します。

「ご自身で書類を印刷する」や「書類を請求する」を選んだ場合は、岡三オンラインに書類が届いた後、1週間程度で口座開設の手続きが完了します。

画像アップロードに利用できる確認書類は以下の通りです。

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード

上記以外の書類を利用する場合は郵送での手続きになるので気をつけましょう。

岡三オンラインの確認書類提出パターンは以下の通りです。

  • 個人番号カード
  • 通知カード+顔写真つきの本人確認書類1点
  • 通知カード+顔写真なしの本人確認書類2点
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書+顔写真つきの本人確認書類1点
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書+顔写真なしの本人確認書類2点

岡三オンラインで利用できる顔写真つきの本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード

岡三オンラインで利用できる顔写真なしの本人確認書類は以下の通りです。

  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

上記の必要書類を提出すると、口座開設申込みが完了です。

STEP3 : 口座開設完了

必要書類を提出した後、岡三オンラインで審査が行われます。

審査完了後、登録したメールアドレスあてに口座開設完了のメールが届くので確認しましょう。

メールには以下が記載されています。

  • 認証キー
  • ログインパスワード確認画面のURL

ログインパスワード確認画面のURL にアクセスし、ログインパスワードを忘れないように確認しましょう。

ログインパスワードの確認が終われば、職業など詳細な情報を入力します。

取引に必要となる取引パスワードは、口座開設完了日の翌営業日に郵送されます。

画面上には表示されないので、郵送された書類は無くさないように保管しましょう。

岡三オンラインでは電話よる口座開設サポートがあるので、不明なことがあればすぐに利用することがおすすめです。

口座開設サポートの受付時間は平日の8:00~17:00です。

STEP4 : 入金

岡三オンラインは完全前受制なので、取引の前に入金する必要があります。

入金が確認できると、入金額の範囲内での取引が可能になります。

岡三オンラインの入金方法には以下の2つがあります。

  1. 即時入金サービス
  2. 銀行振込入金

ではそれぞれの入金方法について解説します。

即時入金サービス

即時入金サービスとは、岡三オンラインの提携金融機関でインターネットバンキングを契約している方が利用できる入金方法です。

振込手数料が無料で入金を口座に即時反映できます。

利用できる提携銀行は以下の通りです。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • PayPay銀行
  • セブン銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行
  • ゆうちょ銀行

即時入金は事前にネットバンキングと契約する必要があるので、申込みを忘れないようにしましょう。

即時入金サービスの利用手順は以下の通りです。

  1. 利用したい金融機関を選択する
  2. 入金額を入力する
  3. 入金指示を確認
  4. 提携金融機関のホームページに接続し認証確認
  5. 入金指示受付

上記の流れが終わったら入金内容が反映されているか確認しましょう。

銀行振込入金

銀行振込入金では、金融機関のATMや店頭、インターネットバンキングから「入金先銀行口座」あてに振込む方法です。

振込手数料は自己負担で、入金は岡三オンラインが入金を確認できた後、買付可能額に反映されます。

専用の入金先口座は用意されるので、確認しましょう。

ちなみに専用の入金先口座は以下の流れで確認できます。

  1. 日本株取引画面にログインする
  2. 口座情報をクリックする
  3. お客さま情報の登録情報確認をクリックする
  4. お客さま専用振込口座番号で確認する

取り扱い金融機関は以下の通りです。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

また、新規に証券総合取引口座を開設した場合は、振込先銀行口座の登録が必要です。

登録方法は以下の通りです。

  1. 日本株取引画面にログインする
  2. 入出金・振替の銀行振込入金画面を表示する
  3. 振込口座のお申込みをクリックする
  4. 利用したい金融機関を選択し「確認画面へ」をクリックする
  5. 確認できたら「登録」をクリックする

STEP5 : 取引開始

入金が終わると、実際に取引開始できます。

初めは少額投資でリスクを抑えることがおすすめです。

岡三オンラインでは、毎月100円からの投信積立や単元未満株の取り扱いがあるため、少額から投資を始められます。

また電話でのお客さまサポートもあるので、分からないことや不安があればすぐに相談してみましょう。

岡三オンラインは投資情報が満載なので、初めのうちはWebセミナーや投資情報で投資の知識を身につけると良いでしょう。

関連記事 : 株の始め方やコツって?初心者にも分かりやすく徹底解説

岡三オンラインのよくある質問

岡三オンラインのQ&A

このトピックでは岡三オンラインに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • 岡三オンラインのジュニアNISA口座の開設には何が必要?
  • 岡三オンラインの口座開設って誰でもできるの?

Q. 岡三オンラインのジュニアNISA口座の開設には何が必要?

岡三オンラインのジュニアNISA口座の開設には以下の書類が必要です。

  • 証券総合取引申込書
  • 個人番号届出書
  • 未成年者口座に係る代理人届出書
  • 本人確認書類台紙
  • ジュニアNISA口座開設申込書
  • 本人確認書類(口座名義人の未成年者と代理人どちらも)
  • 番号確認書類
  • 戸籍謄本または住民票の写し

また、ジュニアNISA口座を申し込むには、証券総合取引口座の開設が必要です。

ジュニアNISA口座を申し込まない場合も、未成年者の証券総合取引口座の開設は可能なので、最初に取り組みましょう。

Q. 岡三オンラインの口座開設って誰でもできるの?

A. 受付基準を満たしている方は口座開設できます。

岡三オンラインの口座開設には以下の受付基準があるので、事前に確認しておきましょう。

  • 日本在住の成人であること
  • インターネットの利用環境が整っていること
  • 本人専有のメールアドレスを持っていること
  • 電話やメールで常に連絡が取れること
  • 日本語でのコミュニケーションが可能なこと
  • 口座開設に必要な個人情報を正確に登録できること、変更手続きもできること
  • 各種書面の電子交付に同意できること
  • 「証券総合サービス約款集」「上場有価証券等書面」「金銭・有価証券の預託、記帳及び振替に関する契約のご説明」を理解して自身の責任で取引できること
  • 犯罪収益資金に関する取引や不法又は不正の疑いのある取引に利用しないこと
  • 暴力団および暴食団関係者などに該当しないこと
  • 外国の重要な公的地位にある方とその地位にあった方、それらの家族に該当しないこと
  • 当社が適格と認める方

上記が岡三オンラインの口座開設申込みの受付基準なので、自分に該当しないものがないか確認しておきましょう。

まとめ : 岡三オンラインのツールで投資を始めよう!

岡三オンラインは、高機能なツールの人気が高く大きなメリットの1つです。

機能性を重視してツールを利用したい方は、岡三オンラインがぴったりですね。

また、1日100万円までの取引であれば手数料が無料で利用できるので、少額取引を行いたい方には非常にお得になっています。

さらに多くの投資家から人気の高いIPOには資金不要で申し込めるので、誰でも気軽に参加できることも嬉しいポイントです。

岡三オンラインには投資情報も満載なので、初心者の方から上級者まで、役立つ投資情報を身につけて投資を始めましょう。

まずは無料で口座開設を申し込みましょう!

関連記事 : 【初心者必見】おすすめ資産運用5選!少額から始められる方法をご紹介

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる