CFD証券会社おすすめ5選!

SBIネオトレード証券の評判・口コミまとめ!手数料の安さが人気って本当?

SBIネオトレード証券の評判や口コミについて紹介しながら、特徴についても分かりやすく解説します。

「SBIネオトレード証券で投資を始めようと思っているけど、実際の評判ってどうなの?」
「SBIネオトレード証券は手数料が安いって聞いたけど本当?」

SBIネオトレード証券に関して上記のような疑問を持つ方もいますよね。

SBIネオトレード証券の口コミや評判から、実際のメリット・デメリットまで詳しく解説します。

記事の後半ではSBIネオトレード証券の始め方についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容 :

SBIネオトレード証券の評判やメリット・デメリットを知りたい方向け

  • 口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • よくある質問
目次

SBIネオトレード証券とは?

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券の基本情報は以下の通りです。

名称 SBIネオトレード証券
ツール PC・スマホ
取引サービス
  • 現物取引
  • 信用取引
  • 日系225先物・オプション取引
  • NISA・投資信託
  • IPO・PO券
購入手数料 0円(信用取引)
最低取引額
取引手数料 0円~(現物取引)

SBIネオトレード証券は、2021年1月にライブスター証券から商号が変更されたネット証券です。

ライブスター証券の時代から人気が高い手数料の安さはそのままに、ツールの使いやすさも特徴です。

1948年に創業している歴史のあるネット証券で、2021年オリコン顧客満足度ランキングの取引手数料部門においては、7年連続1位を受賞しています。

多くの投資家から人気のあるSBIネオトレード証券では、ユーザーの声が反映されやすいことも魅力です。

関連記事 : 【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

SBIネオトレード証券の口コミ・評判

SBIネオトレードの口コミ評判

では、SBIネオトレード証券の口コミ・評判について紹介します。

良い口コミ・評判だけでなく、悪い口コミ・評判にも目を通しておくと、証券会社選びも安心ですよ。

まずは良い口コミ・評判です。

SBIネオトレード証券の良い口コミ・評判

「手数料が安い!」

SBIネオトレード証券はなんといっても手数料が安くてありがたい。投資資金が少ないからできるだけ取引コストがかからないと嬉しいので、SBIネオトレード証券を開設した。少額取引が多いので、手数料が低いのは本当にありがたい。

「アプリの操作がしやすい!」

取引ツールが全体的に使いやすいので便利。なかでもSBIネオトレード証券ではアプリの操作がしやすいのが良い。スマホのアプリで外出先でも気軽に確認できるし、デザインと操作性が良い印象。

「メールの返信が早い!」

メールの返信が早くて電話も通じやすいのでサポート体制も良いと感じる。相談したいときにすぐにレスがあるのは嬉しい。

「IPOで事前入金が不要なのが嬉しい!」

SBIネオトレード証券では、IPOに関して事前入金が不要で参加できるのは大きい強みだと思う。資金に関係なくIPOに申し込めるのは嬉しい。同時に複数の証券会社で申し込めるのでありがたい。

上記のように、SBIネオトレード証券の良い評判には手数料やツール、サポート体制やIPOに関する意見が多く見受けられました。

SBIネオトレード証券の悪い口コミ・評判

「取扱商品が少ない…」

SBIネオトレード証券でじゃ取扱商品が少ないのが残念。特に投資信託は取扱が少ないのでSBIネオトレード証券では利用していない。他にもIPOも少ないので、今後増えるか期待している。

「窓口サービスがない…」

SBIネオトレード証券は、問合せの時電話やメールのみで直接話せないのがネック。店舗の人と直接話してアドバイスももらって話したい。

「キャンペーンを増やして欲しい…」

SBIネオトレード証券はキャンペーンもあり、内容も良いが数は多くないのでもう少し増やして欲しいと思う。

上記のように、SBIネオトレード証券の悪い評判には取扱商品やサービス、キャンペーンに関する意見が多く見受けられました。

SBIネオトレード証券のメリット

SBIネオトレードのメリット

では、SBIネオトレード証券のメリットについて詳しく解説します。

SBIネオトレード証券は手数料の安さで人気の高いネット証券ですが、他にも多くのメリットがあります。

今回紹介するSBIネオトレード証券のメリットは以下の6つです。

それぞれ詳しく解説します。

  1. 手数料が安い
  2. 信用取引がお得
  3. IPOでは事前入金が不要
  4. 豊富な取引ツールを無料で使える
  5. キャンペーンが充実している
  6. NISA口座に対応している

メリット①手数料が安い

SBIネオトレード証券は手数料が安く、現物取引では以下の2つのプランがあります。

  1. 一律プラン
  2. 定額プラン

一律プランは1注文ごとの約定代金に応じて手数料がかかるプランです。

一律プランの手数料は以下の通りです。

1注文毎の約定代金 手数料(税込)
5万円以下 50円
5万円超~10万円以下 88円
10万円超~20万円以下 100円
20万円超~50万円以下 198円
50万円超~100万円以下 374円
100万円超~150万円以下 440円
150万円超~300万円以下 660円
300万円超 880円

定額プランは1日の約定代金合計額に応じて手数料が変わるプランです。

定額プランの手数料は以下の通りです。

1日の約定代金合計額 手数料(税込)
100万円以下 0円
100万円超~150万円以下 880円
150万円超~200万円以下 1,100円
200万円超~300万円以下 1,540円
以降100万円増加ごとの加算額 295円

SBIネオトレード証券の手数料は業界最安値水準で、2021年にはオリコン顧客満足度ランキングネット証券の取引手数料で、7年連続7度目の1位を獲得しています。

取引手数料に関して多くの投資家に人気が高く評判も良いので、手数料の安さは大きなメリットですね。

メリット②信用取引がお得

SBIネオトレード証券は、信用取引の手数料が無料なので、信用取引が非常にお得に利用できます。

負担になりがちな信用取引金利についても、業界最低水準なので、安心です。

また、制度信用金利が優遇される金利プログラムもあるのは嬉しいメリットですね。

制度信用取引金利優遇プログラムでは、条件を達成することで金利が優遇されます。

入金や入庫額によって最良優遇金利が1.19%と優遇され、信用約定代金や建玉残高によって最良優遇金利が1.80%と優遇されます。

入金や入庫額では、週次判定と月次判定があるので、確認しておきましょう。

判定期間の純入金額と純入庫額の1.5倍の合計金額に応じて制度信用取引の金利が優遇されます。

優遇条件と優遇金利は以下の通りです。

優遇条件 優遇金利
10億円以上 1.19%
5億円以上10億円未満 1.48%
5000万円以上5億円未満 1.75%

信用約定代金や建玉残高についての、優遇条件と優遇金利は以下の通りです。

優遇条件 優遇金利
5億円以上 1.80%  1.80%
1億円以上5億円未満 2.19%

上記のように、SBIネオトレード証券は、信用取引についてコストを抑えた取引や金利の優遇が受けられます。

信用取引を積極的に行いたい方には大きなメリットですね。

メリット③IPOでは事前入金が不要

SBIネオトレード証券では、申し込み時に購入代金を用意せず抽選に参加できます。

当選してから購入代金を用意すれば良いため、誰でも気軽に申し込めるのは嬉しいですね。

また、抽選に当たると公開価格で購入できるため買付の手数料もかからずコストを抑えられますね。

特にSBIネオトレード証券では、NISA口座でIPOの購入ができるため、非課税制度が利用できます。

はじめたての方や資金が少ない方でも申し込めて、コストもかけずに購入できるのはメリットです。

ちなみにSBIネオトレード証券の抽選は以下の2つの方式が混合されています。

  1. 取引実績や保有資産によって当選確率が変わるステージ制抽選
  2. 申込者全員を平等に抽選する平等抽選

IPOは多くの投資家から人気があり、メリットも大きいので、気軽に参加できるのは嬉しいですね。

メリット④豊富な取引ツールを無料で使える

SBIネオトレード証券は無料で取引ツールを使えます。

スマホアプリもあるので、外出先でも簡単に利用できるので、忙しい方やすきま時間に利用したい方にも便利ですね。

また、SBIネオトレード証券の取引ツールは充実していて使いやすいと評判も良いです。

そのため、初心者から経験者まで幅広く使えますよ。

ちなみに、取引ツールには以下のものがあります。

ツール名 特徴 対応
NEOTRADE R 発注板、チャート、残高一覧をスピーディーに確認できる 高機能ダウンロード版
NEOTRADE S 株やNISA、先物OP取引が全て揃ったアプリ Android版アプリiPhone版アプリ
NEOTRADE W 初心者にも分かりやすいシンプルな設計で発注も可能 Webブラウザ版
株価ボード 最大100銘柄の登録や分析が可能

メリット⑤キャンペーンが充実している

SBIネオトレード証券には、あらゆるキャンペーンがあります。

ちなみに2022年2月現在に実施されているキャンペーンは以下の通りです。

国内株式移管手数料キャッシュバックキャンペーン

上記のキャンペーンでは、1ヶ月に100万円以上の入庫をした方に、負担した移管手数料を最大10万円キャッシュバックされます。

また、過去には以下のようなキャンペーンがありました。

  • 国内株式現物手数料引き下げキャンペーン
  • 信用取引デビュー応援金利優遇キャンペーン
  • 信用買方金利優遇キャンペーン

上記のように、SBIネオトレード証券では定期的にキャンペーンが実施されています。

キャンペーンに当てはまる方は非常にお得になる場合もあるので、こまめにチェックしておくことがおすすめですよ。

メリット⑥NISA口座に対応している

SBIネオトレード証券は、NISA口座にも対応しています。

非課税制度は非常に人気があり、投資を始めようと考えている方が利用することも多いです。

そのため、NISA口座やつみたてNISAがあるのは嬉しいメリットですね。

少額投資の非課税制度なのでコストを抑えた取引が可能ですよ。

ちなみにNISA口座では以下の3つがあります。

  1. NISA
  2. つみたてNISA
  3. ジュニアNISA

ジュニアNISAは、未成年を対象としたもので、多くの方はNISAとつみたてNISAで悩むと思います。

NISAもつみたてNISAもそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが自分に合うか慎重に考えて決めましょう。

より少額投資で長期間積立てたい方はつみたてNISA、より多くの商品を取り扱いたい方はNISAがおすすめです。

NISAとつみたてNISAの特徴は以下の通りです。

NISA つみたてNISA
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円
非課税期間 5年間 20年間
投資可能期間 2023年まで 2042年まで
対象商品 株・ETF・REIT・投資信託 特定の投資信託

ちなみに岡三オンラインでも資金不要でIPOに申し込めます。

関連記事 : 岡三オンラインの評判・口コミまとめ!手数料やツールについても解説

SBIネオトレード証券のデメリット

SBIネオトレードのデメリット

では、次にSBIネオトレード証券のデメリットについて解説します。

メリットだけではなくデメリットも確認してから利用するか決めましょう。

SBIネオトレード証券のデメリットは主に以下の2つです。

  1. 投資信託の種類が少ない
  2. 外国株式の取扱がない

デメリット①投資信託の種類が少ない

SBIネオトレード証券では、投資信託の種類が少ないです。

取扱投資信託の種類は10種類なので、あらゆる投資信託から選びたいという方は他の証券会社を検討しましょう。

また、つみたてNISAで利用できる投資信託は「ひふみプラス」のみです。

そのため、投資信託の取引やつみたてNISAを中心に行いたいと考えている方にはデメリットですね。

ちなみにひふみプラスは、アクティブ型の投資信託なので、インデックスファンドで取引を行いたい方は気をつけましょう。

事前に、自分に合った商品があるのか調べてから利用することがおすすめです。

デメリット②外国株式の取扱がない

SBIネオトレード証券では、外国株式や外国ETFの取扱がありません。

ちなみに他に取扱のない銘柄には以下のものがあります。

  • 地方単独上場銘柄
  • 外国株式
  • 保管振替機構非取扱銘柄
  • 東証上場外国会社

そのため、国内株だけでなく外国株の取引も行いたい方は、他の証券会社を利用する必要があります。

国内株については、手数料の安さが非常に人気なので、他の証券会社と併用して使い分けることがおすすめですよ。

ちなみに楽天証券では投資信託が充実しています。

関連記事 : 楽天証券の評判・口コミまとめ!ポイント投資や手数料も解説

SBIネオトレード証券がオススメな人

これまで、SBIネオトレード証券のメリットやデメリットについて詳しく紹介しました。

しかし、実際自分にSBIネオトレード証券が合うのか分からないという方もいますよね。

そこでこのトピックではSBIネオトレード証券がおススメな方について以下の4つの特徴を紹介します。

悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

  • 手数料のコストを抑えたい方
  • 信用取引に力を入れたい方
  • IPOに気軽に参加したい方
  • スマホからも取引を行いたい方

手数料のコストを抑えたい方

SBIネオトレード証券の手数料の安さは評判も良いので、コストを抑えて取引を行いたい方にぴったりです。

投資を始めるにあたって手数料は意外とかかるので、何回も取引を行う方であればできるかぎり抑えたいですよね。

また、投資資金が少ない方や少額取引を行いたい方にも手数料が安いことは魅力です。

特にSBIネオトレード証券では、1日100万円以下の取引であれば手数料が無料なので非常にお得ですね。

コストの満足度も高いSBIネオトレード証券は、手数料を少しでも安くしたい方におすすめですよ。

信用取引に力を入れたい方

SBIネオトレード証券では、信用取引の手数料がいつでも無料で利用できます。

また、取り扱う全ての信用可能銘柄の取引手数料も無料です。

そのため、信用取引に力を入れたい方におすすめですよ。

また、負担になりがちな信用取引金利についても、SBIネオトレード証券は業界最低水準なので、安心です。

金利について条件を満たせば優遇があるので、信用取引を積極的に行う方は嬉しいですね。

無料で利用できる信用取引のツールも使いやすいので、ぜひ利用してみましょう。

IPOに気軽に参加したい方

SBIネオトレード証券では、IPOに事前入金が不要で申し込めます。

他社だとIPOに申し込む際に事前に資金の準備が必要な場合も多いので、投資資金が少ない方や資金拘束を受けたくない方はなかなか参加できない場合があります。

SBIネオトレード証券だと上記のような心配がないので、誰でも気軽に参加できますね。

IPOに参加したいけど、当選してから投資資金を用意したい方や気軽に申し込みたい方にはぴったりですね。

IPOは人気が高いので誰でも申し込みやすいのは嬉しいポイントです。

スマホからも取引を行いたい方

SBIネオトレード証券の取引ツールには、スマホアプリもあります。

そのため、スマホからの取引がしたい方や外出先でも手軽に取引を行いたい方におすすめです。

SBIネオトレード証券の取引ツールは使いやすいと評判が良いですが、特にスマホアプリは人気が高いです。

使いやすさや見やすさともに良い口コミが多いので、初心者でも安心して利用できますね。

スマホアプリになると、PCに比べて使いにくい、分かりにくい、性能が悪いなどありますが、SBIネオトレード証券だとそのようなストレスを比較的抑えて使えますよ。

関連記事 : スマホ証券最新比較ランキング!手軽に始められる株式投資の魅力を徹底解説

SBIネオトレード証券の始め方

SBIネオトレードの始め方

上記では、SBIネオトレード証券がおススメな人について詳しく紹介しました。

中にはSBIネオトレード証券が自分に合っているから使いたいと考える方もいますよね。

そこでこのトピックではSBIネオトレード証券をいざ始めたいという方に向けて、始め方を詳しく解説します。

SBIネオトレード証券で口座開設をして投資を始める手順は以下の通りです。

  1. 口座開設申込み
  2. 必要書類提出
  3. 口座開設完了
  4. 入金
  5. 取引開始

STEP1 : 口座開設申込み

SBIネオトレード証券の口座開設には以下の書類が必要なので事前に準備しておきましょう。

  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類

SBIネオトレード証券では、Webの口座開設フォームから申込ができます。

申込フォームに必要事項を記入したら申込内容の確認をして進めましょう。

ちなみに申込フォームでは、年収や主な収入源などの事項の記入も必要になります。

口座開設申込は、書面ではできないので気をつけましょう。

また、口座開設をするにあたってパソコン用のメールアドレスも必要になります。

申込内容の確認が終われば、必要書類の提出に進みます。

STEP2 : 必要書類提出

SBIネオトレード証券の必要書類の提出方法には以下の4つがあります。

  1. 画像アップロード
  2. メールへの添付
  3. 郵送
  4. FAX

必要書類の提出パターンには以下の4つがあります。

  1. 「個人番号カード(マイナンバーカード)」1点
  2. 「マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票」と「顔写真付きの本人確認書類」
  3. 「通知カード」と「各種健康保険証」と「住民票」
  4. 「マイナンバー記載の住民票」と「各種保険証」

利用できる顔写真付きの本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

画像アップロード

画像アップロードで提出する手順は以下の通りです。

  1. 必要書類を撮影する
  2. 登録したメールアドレスに届いたURLを開く
  3. 画像をアップロードする

必要書類は、裏面にも記載がある場合は両面の撮影が必要なので気をつけましょう。

また撮影した必要書類について、正確に内容が確認できるかチェックしてからアップロードしましょう。

メールへの添付

メールで提出する手順は以下の通りです。

  1. 必要書類をカメラなどで取り込む
  2. メールに添付して送信する
  3. メールの件名は「確認書類の送付」

メールの送付先は、公式ホームページの「提出方法」の「メールで必要書類を送信する場合」に記載されています。

ちなみにメールの本文には、以下の内容を入力しましょう。

  • 名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 受付番号

郵送

郵送で提出する場合の手順は以下の通りです。

  1. 必要書類をコピーする
  2. 「郵送のご送付先」にある「宛名ラベル」を準備する
  3. 必要書類のコピーを封入して送付する

また、必要書類のコピーには以下の項目の記入が必要です。

  • 名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 受付番号

FAX

FAXで提出する際は、濃度を明るくし、倍率200%程度に拡大する必要があります。

また、郵送と同じく以下の項目をコピーした必要書類に記入しましょう。

  • 名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 受付番号

提出先は、「提出方法」の「FAXで必要書類を送信する場合」から確認できます。

間違えないように気をつけましょう。

STEP3 : 口座開設完了

必要書類の提出が終わると口座開設が完了です。

必要書類が全てSBIネオトレード証券に届いてから、1週間程度かかるので把握しておきましょう。

口座開設が完了すると、「ログインID等のご案内」が「転送不要・簡易書留」で送られてきます。

無くさないように大切に保管しましょう。

ログインパスワードを設定すると取引が開始できます。

設定方法については、「ログインID等のご案内」に同封されている書類から確認できます。

STEP4 : 入金

取引を開始する前に入金をしましょう。

SBIネオトレード証券の入金方法には以下の2つがあります。

  1. 一般入金
  2. クイック入金

ではそれぞれの方法を詳しく紹介します。

一般入金

一般入金は、ATMや窓口から手続きが行えます。

振込手数料は自己負担で、反映までに時間がかかる方法です。

ちなみに、15:00以降の振込は翌営業日扱いとなるので気をつけましょう。

振込先は、「お客様情報」から確認できるので事前に見ておく必要があります。

クイック入金

クイック入金は、提携金融機関のインターネットから手続きができます。

24時間振込手数料が無料で、リアルタイム反映される方法です。

取引システムの画面内から手続きができますが、提携金融機関のインターネットバンキング契約が事前に必要になります。

クイック入金対応金融機関は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • イオン銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

クイック入金での入金は5,000円以上から1円単位で可能です。

STEP5 : 取引開始

入金が終わると実際に取引開始できます。

まず自分の気になる銘柄を検索してみましょう。

SBIネオトレード証券では銘柄が絞りやすく初心者でも気になる商品を見つけやすいです。

最初は少額から取引を初めてリスクを抑えるようにしましょう。

慣れたら徐々に投資資金を増やすことがおすすめです。

また、投資の知識が全くないまま取引を行うのは不安もあるので、事前に自分でも勉強をしておきましょう。

関連記事 : 株を買うタイミングはいつ?初心者が知っておきたい株の買い方・売り方

SBIネオトレード証券のよくある質問

SBIネオトレードQ&A

このトピックではSBIネオトレード証券に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • SBIネオトレード証券での証券総合口座開設には基準ってある?
  • SBIネオトレード証券ではどのような投資情報が確認できるの?

Q. SBIネオトレード証券での証券総合口座開設には基準ってある?

A. あります。

SBIネオトレード証券での証券総合口座開設基準は以下の通りです。

  • 日本国内に居住している方
  • 証券会社に勤めていない方
  • 暴力団員・暴力団関係者・総会屋などの反社会的勢力でない方
  • 本人による申込み

また、上記以外についても審査において口座開設ができない場合があります。

審査落ちする可能性も把握しておきましょう。

また、審査に落ちた場合理由は開示されません。

Q. SBIネオトレード証券ではどのような投資情報が確認できるの?

SBIネオトレード証券では主に以下の投資情報を確認できます。

  • 株価
  • 株価ニュース
  • テクニカル分析
  • マーケット情報やチャート

また、公式ホームページでは以下の情報も確認できます。

  • 注文方法について
  • 取引までの流れ
  • ツール操作マニュアル
  • 株式取引入門
  • 信用取引入門
  • 先物取引入門

SBIネオトレード証券では、初めての取引で分からない方や、使い方に困っている方など、初心者でも安心して利用できるための情報が満載です。

そのため、投資に関する知識が少ない方でもSBIネオトレード証券で知識を身につけられますね。

また、メールや電話での問い合わせも可能で、対応がスピーディーという評判もあるので、困った際は頼れますよ。

関連記事 : 株の始め方やコツって?初心者にも分かりやすく徹底解説

まとめ : SBIネオトレード証券でコストを抑えた取引を始めよう!

SBIネオトレード証券は、手数料の安さが大きな魅力のネット証券です。

特に少額取引を行う方であれば、手数料が無料で利用できるのでコストを抑えた取引ができますよ。

信用取引に関しては、手数料と金利ともに業界最安値水準なので、信用取引を中心に行う方は嬉しいですね。

初心者でも使いやすいツールや投資情報も充実しているので、どなたでも安心して始められますよ。

メリットとデメリットを比較して、上手に利用しましょう。

関連記事 : 株を始める最低資金はいくら?1株数百円からできる初心者におすすめの少額投資

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる