CFD投資

【米国VIの始め方】株価暴落を利用して稼ぐ運用方法を解説します。

投資初心者
投資初心者
米国VIってどうなの?運用方法や始め方が知りたい。
投資家サト
投資家サト
ボクの成績とトレード方法、基本知識をまるごと解説します!

資産運用でセミリタイアを目指すサトです。

今回は米国VIのトレードについて解説します。

本記事の内容

米国VIのトレード手法を知りたい方

  • ボクの運用実績を公開
  • しっておくべき基本知識を解説
  • デメリット・リスク・損するケース
  • よくある質問
  • 米国VIの始め方

米国VIとはGMOクリック証券のCFD銘柄の1つです。

 

ざっと特徴をまとめると、、、

  • アメリカ株が暴落すると、価格が上昇する
  • 時間が経つと元の価格に戻る
  • 後出しジャンケンのイメージなので勝ちやすい

上記のとおりで一言でいうと「アメリカ株の暴落を利用して稼ぐ」投資です。

 

2019年以降はリーマンショック以上の暴落が近いともいわれている状況なので、リスクヘッジとしても知っておくと便利だと思いますよ。

 

トレードできる機会は年に数回しかありませんが、今のところ勝率は100%なので、チャンスが来ればボクは積極的に投資していきます。

米国VIは複雑なチャート分析もいらず「上がってきたら売る」くらいの感じなので再現性が高く投資初心者の方でも利益が出しやすいと思います。

 

ただし、注意事項やリスクもあるので、その点も踏まえて米国VIの投資手法について解説していきます。

 

この記事を読むと失敗しにくいトレード手法が分かりますよ。

ぜひ最後までじっくりとご覧ください。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

米国VIの運用実績

米国VIトレードを始めてからの成績は下表のとおりです。

▼2019年実績

利益
8月
9月 +4,541円
10月 +5,586円
11月
合計 +10,127円

合計はざっくり1万円…!

、、、少なくてすいません(笑)

投資家サト
投資家サト
初トライで、少額でお試し。微益しか取れてません。要はチキンです(苦笑)

2回試して優位性が確認できたので次回は積極的にリスクオンしていこうと思ってます(^^)/

米国VIの投資方法~20ドル以上になればショート~

ボクの運用方法は以下。

  • 米国VI:20ドルでショート
  • 以降、1ドル上がるごとにショート
  • 米国VI:15ドルで決済

これだけです。正直メチャクチャ簡単。

 

複雑なチャート分析はなく、単純にエントリーすると決めた数値になればショートしていきます。

投資初心者
投資初心者
え?これだけでいいの?
投資家サト
投資家サト
チャートを確認してみましょう!

▼米国VIチャート

米国VI 投資方法

上記のとおり、米国VIには以下の特徴があります。

  • S&P500安定=10~15ドル
  • S&P500暴落=20ドル以上に跳ね上がる
  • 暴落後に価格が安定すると、また10~15ドルに落ち着く

つまり

「米国VIがどれだけ上昇してもいずれ10~15ドルに戻る特性を利用する手法」

ということになります。

S&P500が暴落しても、いずれ安定ゾーンに落ち着くことが分かるのでまさに「後出しジャンケン」のような感覚でトレードできるのでかなり気に入っています♪

2019年実績で有効性を確認

投資家サト
投資家サト
2019年の値動きを基に手法の有効性を確認してみます。

まず米国VIが20以上になったのは以下のとおり3回。

▼2019年米国VIチャート

当然ながら、米国VIが上がってる時期は、S&P500が下落してるタイミングと一致します。

▼米国VIとS&P500を比較

仮にこの3回にボクの手法をカッチリ当てはめて使うと成績は下表のようになります。

▼2019年でシミュレーション

米国VI
価格
利益
1月 26ドル
(6枚ショート)
2月 15ドル
(決済)
+35,000円
5月 20.5ドル
(1枚ショート)
7月 15ドル
(決済)
+5,000円
8月 23.6ドル
(3枚ショート)
10月 20.6ドル
(1枚ショート)
11月 15ドル
(決済)
+23,000円
合計 +63,000円

上記のとおり2019年は6.3万円の利益が出せたことが分かります。

ここで1回あたりの枚数を2倍にすれば単純に利益も2倍になるので、自分の資金量に合わせて検討してみてくださいね。

米国VI|必要資金はいくら?

投資初心者
投資初心者
いくらから投資できるの?
投資家サト
投資家サト
ボクの手法だと1枚あたり700ドル(約70,000円)です!

米国VIの取引に必要なお金は以下の2つの合計金額です。

  • 必要証拠金(最低限必要なお金)
  • 任意証拠金(ロスカットラインまで耐える為のお金)

▼米国VIの必要資金(米国VI:20ドル、ロスカットライン:70ドルのとき)

必要証拠金 200ドル
任意証拠金 500ドル
合計 700ドル/枚

米国VIはドルで取引で1枚の取引単位が10倍です。

画像の例だと141ドル。

米国VIが20ドルだと、20ドル×10=200ドル(約2万円)が取引に必要なお金です。(分かりやすくする為、ざっくり計算してます)

ここで2万円だけだと、米国VIが上昇した時に即ロスカットになるので、自分で決めたロスカットラインまで耐える為に任意証拠金が必要になります。

ボクはリーマンショック時の値を参考に70ドルをロスカットラインに置くため、任意証拠金は(70-20=)50×10=500ドル。

 

上記より「約70,000円/枚」で考えればOKです。

なお、利回りは約7%。

(米国VI:20でエントリーして15で利確する為、利益は5ドル×10。元手7万円で利益5000円なので利回り約7%)

米国VIの利益イメージ

  • 7万円で5000円/1枚あたり
  • 期待利回り7%

こんなイメージですね。

 

投資家サト
投資家サト
メッチャ稼げるわけじゃありませんが、勝率はかなり高いので興味が湧いた方はぜひ試してみてくださいね!

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

 

【更新情報】2020年3月15日:歴史的高値圏に近づいてます…!

2020年3月は新型コロナウイルスによる株価暴落で米国VIが50を超えました…!(2011年以来)

10年に一度のチャンスが到来中なので、ぜひこの機会に米国VIショートを実践してみましょう。

ただし、リーマン以上の暴落になる可能性もあるので、ロスカットレートは100ドル付近を目安に置くことを推奨します。

 

【無料】
口座開設はコチラ

※10年に一度のチャンスをモノにしよう!

 

では、ここからは米国VIの基本知識の解説です。

米国VIとは?VIX指数に連動するCFD

投資初心者
投資初心者
そもそも米国VIってなんなの?
投資家サト
投資家サト
S&P500のVIX指数(恐怖指数)に連動するCFD銘柄です!

▼S&P500のVIX指数とは?

VIX指数とは「Volatility Index(ボラティリティインデックス)」の略で、S&P500が下落する場面でVIX指数は上昇する。

株価が下がると上昇することから、「恐怖指数」とも呼ばれる。

本来VIXは指数なので直接投資することはできません。

 

が、「米国VI」はVIX指数と同じ価格で取引できるCFD銘柄の為、これを利用してVIX指数のトレードができるというわけですね。

 

なお、そもそもCFD投資って何?という方は関連記事をどうぞ。

関連:CFD投資とは?基本知識・種類とオススメの投資方法をゼロから解説

CFD投資とは?基本知識・種類とオススメの投資方法をゼロから解説【2019年11月24日】CFD投資の基本知識を分かりやすく解説しています。種類やオススメの投資方法についても紹介してるのでぜひご覧ください。...

 

ではここからデメリット・リスクについて解説します。

米国VI|3つのデメリット・リスク

▼デメリット・リスク

  • 投資チャンスが少ない
  • どこまで上昇するか正確には分からない
  • 取引規制がかかる可能性がある

詳しく見ていきましょう。

①:投資チャンスが少ない

最大のデメリットは投資チャンスが少ないこと。

投資家サト
投資家サト
過去3年間では10回しかありません…。

2017年以降は世界的に株高トレンドだったので米国VIが20ドル以上になった回数はかなり少ないです。

▼米国VIのトレード回数

回数
2017年 0回
2018年 7回
2019年 3回

つまりメインの投資先にするのは正直難しいので、株価暴落の時のチャンス銘柄として加えるのが無難だと思います。

ただ投資はエントリー回数が多ければ勝てる訳じゃありません。エントリーが多い=リスクにさらされる機会が多い、とも言えますよね。

つまり米国VIはしっかりチャンスを狙い撃ちして堅実な資産増加が狙えると捉えることもできます。

②:どこまで上昇するか正確には分からない

次に米国VIはリーマンショック時につけた72.8が最大値ですが、仮にリーマンショック以上の暴落があると更に上昇する可能性があります。

そのため、ボクは予備資金を準備して更なる上昇も視野にトレードすることとしています。

何が言いたいかというと、

「チャンスが来たからといって焦って全力投資することのないように注意しましょう」

ということです。

 

ただ、リーマンショック以上の大暴落が来るならば他の投資もかなり厳しい状況になっていて、他のリスク資産に投資しずらいと思います。

投資家サト
投資家サト
でも、いずれ10~15ドルに落ち着くことが明白な米国VIになら強気で投資できますよね。

③:取引制限がかかるケースがある。

米国VIは上昇してくると、多くの投資家がショートを仕掛けます。

そのため20ドルを超えると、GMOクリック証券の取引制限が入り、売買ができなくなるケースがあります。

▼取引制限

CFDの参照原資産が上場されている取引所等の規制により、参照原資産の取引に規制が設けられた場合や、株式CFDが参照する株式の発行体の資本政策や企業活動などが株価形成に重大な影響を与える可能性があると当社が判断した場合、CFDの新規取引を停止することがあります。

また、CFDの取引が規制された場合、未約定の新規注文が取り消されることがあります。

引用:GMOクリック証券

取引制限になったときの対策は以下の記事で紹介してるので、参考にしてください。

関連:【対策】GMOの米国VIが売り規制!取引できない時の2つの代替手段

【対策】GMOの米国VIが売り規制!取引できない時の2つの代替手段GMOの米国VIが売り規制になったときの対処法を解説しています。お困りの方はぜひご覧ください。...

米国VI|損するケース~ロスカット~

米国VIで損するケースはたった1つ。「ロスカットによる損失」です。

▼ロスカットとは?

含み損が大きくなり、取引に必要なお金(有効証拠金)が足りなくなると、強制的に決済されて損失が確定する。

そのため、先ほども言いましたが、ロスカットレートは70ドル付近を目安に置くコトを推奨します。

ボクはとにかく追加資金でロスカットしないように耐える方針。

投資家サト
投資家サト
含み損にしっかり耐えれば勝てる期待値は高いので、逆にシンプルです。

なお、GMOクリック証券は以下例のようにロスカットレート変更に必要な金額をサッと計算してくれます。

▼ロスカットレート変更方法(イギリス100例)

GMOクリック証券 店頭CFD

必要資金の計算方法が分からなくても心配する必要はないので安心してくださいね。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

 

上記の通り色々とデメリットはありますが、やはりメリットが魅力的なのでボクは積極的に投資対象に挙げています。

米国VI|4つのメリット

▼メリット

  1. 後出しジャンケンで勝率が高い
  2. エントリー&利確が決めやすい
  3. 下落中のS&P500を買うよりも手堅い
  4. インカムゲインが期待できる

それぞれ解説します。

①:後出しジャンケンで勝率が高い

最大のメリットは「後出しジャンケンである」ということ。

以下のとおり安定値が10~15ドルなので、米国VIが30ドル等まで上がればほぼ勝ち確です。

▼米国VIチャート

米国VI 投資方法相手の出方(チャートが上がった)を確認して、行動できるので正に「後出しジャンケン」ですよね。

投資家サト
投資家サト
ふつう投資は「上がるだろう、下がるだろう」という期待でエントリーするんですが、米国VIは事実を見て売れるのが好きです。

②:エントリー&利確ポイントが決めやすい

米国VIはチャートのテクニカル分析はほぼ不要です。

ボクの場合は、

  • エントリーは20ドル~
  • 利確は15ドル

と決めるだけ、これで十分利益が出せます。

投資家サト
投資家サト
チャートをみて上がる、下がるを予想しなくていいので、投資初心者の人でも簡単だと思いますよ。

③:下落中のS&P500を買うより手堅い

投資初心者
投資初心者
暴落が来てからショートするなら、暴落中のS&P500を買えばいいんじゃないの?
投資家サト
投資家サト
それも正解ですが米国VIの方が手堅いですよ!

暴落中のS&P500を買うよりも米国VIの方がよいと考える理由は2つあります。

  1. 暴落中は買いづらい
  2. S&P500だとリーマンショック前の水準に戻るのに時間がかかる

まず多くの人はリーマンショックのような暴落が来たとき、恐怖で買えないでしょう。

リーマンショックでアメリカの株価は約3ヶ月で50%以上も暴落しています。

▼リーマンショック時のアメリカ株価

投資家サト
投資家サト
その落ちるナイフを掴む勇気を果たして持てるでしょうか…。

更にS&P500の場合は、リーマンショック前の水準に戻るのに米国VIより時間がかかっています。

▼米国VIとS&P500のリーマンショック前後の値動き比較

時期 米国VI S&P500 備考
2008年5月 16ドル 1440ドル リーマン前
2008年11月 72ドル 739ドル リーマン後
2010年4月 16ドル 1200ドル 米国VI復帰
2012年9月 14ドル 1470ドル S&P500復帰

つまり米国VIをショートする方が、含み益になるスピードが速いというコト。

投資家サト
投資家サト
これは暴落時に投資するには安心できる材料ですよね。

さらに言えば【米国VIが落ち着いた=暴落が終わった】ともいえるのでそこからS&P500を買うのもアリだと思ってます。

④:インカムゲインが期待できる

個人的に気に入ってるのが、米国VIはインカムゲインが期待できること。

投資家サト
投資家サト
価格調整額がプラスであることが多いので保有してるだけでもお金が貰えます!

▼米国VI価格調整額【2019年】

上記のとおり2019年は米国VIのショートポジションを1枚持っているだけで約1万円もらえています。

なお、価格調整額はロールオーバーにより発生するもので、時期によってはマイナスになるので、あくまで長期保有した場合のオマケとして捉えておきましょう。

 

 

 

ということでここまでのポイントをまとめます。

▼米国VIのポイント

  • S&P500が暴落すると上昇する傾向がある。
  • 株価が安定すると10~15に落ち着く。
  • 後出しジャンケンのような投資ができる。
  • 投資初心者でもマネしやすい!

個人的にはかなりオススメできる手法なのでぜひ検討してみてくださいね!

なお、米国VIのトレードをやるならGMOクリック証券一択です。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

 

米国VI|評判・口コミ

米国VIはGMOクリック証券のCFD取引ランキング1位常連の人気銘柄です。

多くの人が取引しているという事実はかなり安心できますよね。

またTwitterでも皆さん、順調な利益が出てる報告がよく聞こえてきます。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

米国VI|よくある質問

  1. 買い(ロング)はダメなの?
  2. 最高値/最安値は?
  3. CFD以外の投資方法はないの?
  4. 証券会社はどこがオススメ?

①:買い(ロング)はダメなの?

投資初心者
投資初心者
暴落したら上昇するなら、買いで保有したらいいんじゃないの?
投資家サト
投資家サト
リスクヘッジとしてはアリですね!ですが、長期保有には向かないのでオススメしません。

S&P500の暴落に備えて、買い(ロング)をしたい人もいると思います。

ですが、米国VIのロングには以下の欠点があります。

  • 価格調整額がマイナス=長期保有だと資金が減る。
  • S&P500の暴落時期は分からないので、資金効力が悪くなる。

米国VIのロングだと、長期保有すると価格調整額によって資金が目減りしていきます。

また株価暴落が起きない期間、資金が拘束されるコトになりますよね。

例えば2017年、S&P500は堅調で米国VIは20ドル以上に一度も上がっていません。つまり、その期間ロングで保有した場合は、資金が目減りするだけでムダな投資になってしまうってことです。

やはり個人的には米国VIが噴き上げてからショートする後出しジャンケンの方がオススメですね。

②:過去最高値・最安値は?

以下の通りです。

  • 最高値:72.8ドル
  • 最安値:10.2ドル

 

③:CFD以外の投資方法は?

VIX指数に投資する方法は以下の4種類あります。

結論からいうとCFD一択です。

▼VIX指数の投資方法一覧

種類
内容 オス
スメ度
先物
オプション
シカゴ市場
先物
  • 海外の先物取引ができる証券口座が必要
  • 一般投資家にはハードルが高い。
×
ETF
  1. VIX連動ETF
  2. VIX連動ブルETF
  3. VIX連動ベアETF
  • 米国の証券会社口座が必要
  • レバレッジが使えない。
  • ショートできない。
×
CFD
  1. 米国VI
  2. 米国VIブルETF
  3. 米国VIベアETF
  • レバレッジ取引可能
  • ショート可能
  • コスト安

ETFを使う選択肢もありますが、今回の記事で推奨してる売り(ショート)戦略は使えないので、CFD一択、というコトになります。

④:証券会社はどこがオススメ?

米国VI(CFD)の取り扱いがある証券会社は以下の3社。

オススメは「GMOクリック証券」です。

比較 GMO
クリック証券
サクソバンク
証券
IG証券
VIX連動 米国VI 無し ボラティリティ
指数
VIXブル連動 米国VIブルETF SVXY 無し
VIXベア連動 米国VIベアETF VIXM 無し
コスト
  • スプレッドのみ
  • 手数料
  • スプレッド
  • スプレッドのみ
    (GMOより高い)
最大保有期間 無制限 無制限 2ヶ月

上記のとおり、取引できる銘柄数、コスト、さらに長期保有可否でみてもGMOがベストです。

 

【無料】
口座開設はコチラ

※CFDならGMOクリック証券!

※米国VIはGMOクリック証券!

米国VIの始め方

最後に米国VIの始め方を解説して終わりにします。

以下2ステップです。

  1. GMOクリック証券の口座開設
  2. 米国VIをショートエントリーする。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

①:GMOクリック証券の口座開設【簡単3分】

口座開設手順①▼公式サイトへアクセス

まずは下記のリンクから公式サイトへ!

【公式サイトへ】

口座開設手順②:必要情報を入力

次に口座開設をクリックです。

GMO CFD 口座開設

つづいて必要情報の入力です。

GMOクリック証券 口座開設方法

特定口座はCFDでは要らないので不要な方はチェックを外してください。

注意!CFD取引口座も一緒に申し込むは必ずチェックを入れてください!

ここからは質問回答です。そのまま答えればOK。

GMOクリック証券 口座開設方法

▼口座開設手順③:本人確認書類の提出

最後に本人確認書類を提出して完了です。

早く口座開設したい方は必ずアップロード送信を選択しましょう。

GMOクリック証券 口座開設方法

以上で口座開設手続きは完了です。

②:米国VIをショートエントリーする。【20ドル以上推奨】

口座ができたら、米国VIが20ドル以上(ボクのプラン)でショートエントリーをします。

▼スマホアプリの取引画面

あとは、利確目標になれば決済してトレード完了です。

投資家サト
投資家サト
上記のとおり手続きや取引方法はとても簡単なので、興味が湧いた方はぜひ検討してみてくださいね!

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

まとめ:米国VIで暴落に備えよう!

米国VI 始め方

今回は米国VIのトレード方法について解説しました。

記事で紹介したとおり、米国VIを利用すると本来はピンチであるS&P500の暴落をチャンスに変えることができます。

投資家サト
投資家サト
投資はチャンスでお金を稼ぐこと以上に、ピンチの時期にいかにリスクを抑えるかが大切です。

米国VIを活用すれば株価暴落を逆にチャンスに変えて利益を出すことが出来るので、ぜひ検討してみてくださいね。

もし興味が湧いた方で、GMOクリック証券のCFD口座をお持ちでない方は、この機会に準備(口座開設)だけでもしておくことをオススメします。(暴落が来てから動き出したのでは、間に合いませんので(^_^;))

口座開設はもちろん無料、維持管理費もかかりませんので、作るだけなら損はしませんので。

【無料】
口座開設はコチラ

※米国VIはGMOクリック証券!

米国VIで暴落を利用して稼ぎましょう!

以上

投資家サト
投資家サト
資産運用に関するご質問・要望・コメントを募集中です!
管理人に質問する方はコチラ
  1. TwitterからDMで聞く
  2. 質問箱(匿名の質問にTwitterで答えます)
  3. LINEで聞く(新着記事のお知らせも届きます。)
    友だち追加
  4. 問い合わせをする
  5. コメント欄に書き込む(記事下にあります。)
【株価暴落対策】CFD投資で資産を守ろう!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です